記事

ホームレスに食事提供、活動家逮捕

 「ホームレスの人々に食事無料サービス」は慈善行為のようだが、フロリダ州オーランド市の公園で、食事提供していた反貧困団体のメンバー7人が逮捕された。というのも同市の「食事提供は1公園に年に2度だけ」という条例に違反したからである。

 地元紙オーランド・センチネルによると、逮捕されたのは、反貧困ボランテイア団体「Food Not Bombs(爆弾ではなく食料を)」のメンバー。6月1日・6日に、レイク・イオラ公園でメンバーは30〜40人に食事サービスをしていた。オーランド警察は、食事配布が終わるのを見てメンバーを拘束。いずれもメンバーたちは手錠をかけられ、警察署へと運ばれた。同団体は、5月にすでに2度同じ公園で食事サービスを実施していた。

 「Food Not Bombs」はここ数年、週2回市内の公園でホームレスや低所得者などに食事を提供してきた。ところが近隣の住民たちは「公園で多くの人々が無料の食事をとること」に不満、同市に苦情を申し入れてきた。それを受けて、市は「公園が特定の団体に独占的に使用されることから保護する」目的で条例を可決した。条例では、25人以上に食事提供する場合、市に許可申請することが義務づけられ、食事サービスは一つの公園につき年間2度までとなっている。

 これに対し、「Food Not Bombs」とホームレス支援をしてきた教会は、条例は憲法上の権利を侵害すると主張、同市相手に訴訟を起こした。支援活動は政治的・宗教的見解に基づいていて、憲法修正第一条でその自由は保障されているという考えである。同団体と教会側は勝訴したが、市は判決を不服とし控訴裁判に持ち込み、最終的に今年4月、市の主張を擁護する判決が出た。

 「Food Not Bombs」のウエブサイトによると、同団体は反貧困の他に反戦をかかげ、その活動は1990年代に広がった。反戦活動は2003年のイラク侵略戦争の際にピークだったという。現在国内外に400以上の支部があり、1000都市で反貧困運動として無料食事提供などの活動を続けている。

 戦争に費やす金・時間を人々への食料提供にまわせば、飢えはなくなると主張。菜食主義の姿勢をとり、一環してベジタリアンの食事を提供してきた。材料は、地元のスーパーなどからの廃棄処分寸前の食料や農場からの寄付で賄ってきた。貧困の実態と無駄に廃棄される食料への認識を広く人々に求める意味で、公の場での食事提供を行っているという。

 フェイスブックのページでは、約17000人が同団体への支持を表明。レイク・イオラ公園で食事を提供されている内の一人は、「食事はライフラインだ」と言う。食事を求めて来る人の中には退役軍人や、不景気から家族崩壊となった労働者もいるという。

 オーランド市は条例を正当化する訴訟費用に、4万ドル(約320万円)費やしてきた。公園からホームレスの姿を消すのに、市民の税金を使ってきたことになる。ホームレスの人が公園で食事を待つ姿は、市のイメージを落とし公園の美化にマイナスになるというのだろうか。

 今回メンバーが逮捕されたが、「Food Not Bombs」の活動に変わりはないようである。同ウエブサイト上で、「社会を向上させるより軍事に多くの金を注ぎ続ける国は、精神的な死へと近づいている」というキング牧師の言葉を引用している。うなずける。

トピックス

ランキング

  1. 1

    立民党はなぜ全く期待できないか

    宇佐美典也

  2. 2

    投資家がマイホームのリスク指摘

    内藤忍

  3. 3

    社民党を食いつぶした福島瑞穂氏

    文春オンライン

  4. 4

    桜疑惑 安倍氏かばう議員に疑問

    猪野 亨

  5. 5

    トヨタが学校推薦を廃止した衝撃

    城繁幸

  6. 6

    敗北認めぬトランプ氏 破産危機

    女性自身

  7. 7

    非効率すぎる日本の医療救急行政

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  8. 8

    人気のセ・実力のパに「違和感」

    中川 淳一郎

  9. 9

    もともと余裕ない医療 医師嘆き

    中村ゆきつぐ

  10. 10

    自民重鎮 王毅外相何しに日本へ

    深谷隆司

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。