記事

蔡英文が総統選圧勝、台湾初の女性総統誕生へ

三河五朗=文 

「選挙結果は台湾の民意の表れであり、中華民国が1つの民主国家であり、2300万の台湾人が共に堅持するものだ」。蔡英文氏は圧勝した総統選後、有権者と国内外メディアの前でこう言明。新しい表現を用いて、台湾の「国家アイデンティティ」を宣言した。中台関係は現状維持を表明して中国に配慮する一方、「私たちの民主制度、国家アイデンティティに対するいかなる攻撃も、両岸関係の安定を破壊するものと認識する」と牽制も忘れない。

独身で、今年還暦とは思えない若々しさとバイタリティをもつ。4年前の総統選で敗北したとき「泣いてもいいがあきらめてはいけない」と支持者を励ました。努力をあきらめない不屈の闘志を、お嬢様然とした風貌の下に隠す。漢族の一支流・客家の名家の末娘。元は英米留学経験のある学者で、総統時代の李登輝に請われて官僚の世界に入った。民進党の陳水扁政権で官僚、閣僚も経験し、民進党の主席となった。

派閥争いで空中分解しかかった民進党を立て直すなど、一流の調整能力をもつ。選挙前には米国、日本政府への根回しも行っている。5月20日の政権樹立後に直面するのは、馬英九前政権の“負の遺産”である赤字財政と崩壊の瀬戸際にある不動産バブル。さらに、中国が台湾統一を虎視眈々と狙って恫喝と圧力をかけてくる。だが「民主主義のために国家団結を」と党派・派閥を超えて呼びかける蔡氏なら、台湾を次なるステージに引き上げ、東アジア政治の潮目を変えるかもしれない。

次期台湾総統 蔡 英文(Tsai Ing-wen)
1956年、台北生まれ。78年台湾大学法律科卒業。台湾政治大学教授、行政院大陸委員会主任などを経て、2006年行政院副院長(副首相)。08年民進党主席。16年台湾総統選勝利。

あわせて読みたい

「台湾」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    竹中平蔵氏は教え子が引退勧めよ

    田中俊英

  2. 2

    セルフレジが「改悪」になるお店

    内藤忍

  3. 3

    PUFFY亜美を選んだTERUの離婚劇

    文春オンライン

  4. 4

    マスク勧めない国 感染増の現在

    文春オンライン

  5. 5

    宗男氏 礼儀ない野党議員を非難

    鈴木宗男

  6. 6

    歴史に残る読売の安倍氏スクープ

    文春オンライン

  7. 7

    今井絵理子議員の手話質問を称賛

    山下雄平

  8. 8

    防衛省の給与引き下げに「反対」

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  9. 9

    吉村知事の苦言に「ブーメラン」

    女性自身

  10. 10

    上野千鶴子氏がフェミになった訳

    PRESIDENT Online

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。