記事

今更ですがー男性国会議員の育児休暇取得の是否

そもそも、この方が注目を集めた始まりは男性議員の育児休暇取得の是否だったと思います。
普通に仕事をしている男性の育児休暇取得と国会議員とでは、事例として全く比較にならないないなと感じていました。国会議員は基本24時間365日、公人です。女性は出産前後は物理的に働くのは無理なので休みを取るしかないのですが、これは差別とかではなくて、純粋な性差の問題。

で、夫婦共国会議員の場合、男性ができることは、育児休暇を取って育児を手伝うことではなく、自分の地元に頭を下げて「妻が出産したので、妻の地元も回ります。こちらは少し手薄になるかもしれませんが、どうか許してください」といい、妻の地元に行き、「十分ではないかもしれませんが、妻が休んでいる間はこちらでも私が回らせていただきます」ってすればすごく良かったのではないかと思うのです。それが国会議員流の「妻を助ける」になる訳です。今となっては何を言ってもムダっぽいですが。

この育児休暇の問題、「一票の格差が!」と普段大騒ぎして、裁判をしている人達の見解を聞いてみたいです。
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160213-00010003-bjournal-soci

あわせて読みたい

「宮崎謙介」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。