記事

なぜ「ふくしまキッズ」を5年間で終了したのか

三宅義和・イーオン社長 岡村繁雄=構成 澁谷高晴=撮影

5年間で4630人の子どもが参加した

【三宅義和・イーオン社長】2011年、私たちが忘れてはいけない、風化させてはいけない出来事がありました。3月11日に起きた東日本大震災とそれに続く福島第一原発の事故です。あの当時は東京にいる私たちもそうですが、電気がつくのは当たり前ではない、電車が動くのは当たり前ではないのだということを実感させられました。

ところが、吉田先生たち教育支援協会は、震災間もなくの5月には「ふくしまキッズ」として知られるようになる被災地の子どもたちへの支援活動の準備に入っていました。その夏には、原発事故の影響で、外で自由に遊べない子どもたちのための「北海道林間学校」が開催されるというスピードぶりですが、どのような経緯で活動を始められたのでしょうか。

【吉田博彦・教育支援協会代表理事】実は、あのような大きな震災時に日本のNPOが動いたのは初めてです。1995年の阪神・淡路大震災のときには、日本にはまだNPOの制度がありませんでしたから。東日本大震災で福島第一原発の事故が起きたとき、私たちが気づいたのは、あの福島の発電所の電気は自分が住んでいる首都圏に送電されているということでした。つまり、我々の電力を福島に押し付けてきたということです。これは福島県の人たち、子どもたちに対して責任を取らないわけにはいかないということで、「ふくしまキッズ」の活動をやることにしました。

画像を見る
吉田博彦・教育支援協会代表理事

事故発生直後の3月の終わりぐらいまでは、文部科学省も福島の子どもたちの疎開を考えていたようです。私たちも、北海道の教育委員会の関係者に「どれぐらい引き受けてもらえるのか?」と打診していたところ、政府は県内での学校再開と言い出したわけです。それではと、4月の段階で福島の子どもたちを、私たちがこれまでやってきていた北海道でのキャンプに受け入れられないかという案を立てました。5月17日に北海道に有志が集まり、実際に可能なのかどうか、費用がどれだけかかるのかという検討に入りました。

【三宅】いくつもの支援団体が参加しているので、まとめるのに苦労されたでしょう。

【吉田】みんなの意見が違うっていうのは世の中の常です。しかし、だから自分たちだけでやっていては、小さなことしかできないんです。社会の運動であるとか、公的取り組みをするときには、どれだけの人間が連携・協力できるかということに尽きます。その意味で、小さな組織同士がうまくつながっていって大きな運動体になる。これこそがNPOの基本なんです。まず「ふくしまキッズ」の実行委員会を発足させて、教育支援協会で寄付を受け付けるのではなく、実行委員会でもらって、そのお金は別会計にしました。最初に動いたのは北海道の8団体、最終的には全国で48団体。ボランティアの人たちは4万人近くになりました。

2011年夏の活動では、小中学生を対象に200名募集したところ、開始直後にサーバーがパンクしてしまい、これはまずいとさらに定員を増やすことになり、色々なところにも引き受けてもらったのですが、結局我々が引き受けたのは、40日の長期期間の引き受けを希望する518名になってしまいました。この活動はその後、北海道だけにとどまらず、関東から、中部、近畿、四国、九州まで、全国各地に広がっていきました。

そこでは、現地で活躍するNPOや官民の有志が中心になり、学生や地域の皆さんがボランティア活動をしてくれた。また、多くの著名人が支援委員や特別賛同人としてサポートしたほか、国内だけでなく海外からも多くの寄付金が届けられました。結局、5年間で4630人の子どもたちが参加したわけです。

活動が終わったら、アメリカにお礼に行く

【三宅】5年間と期限を区切っていましたね。こうした活動は、スタート時は盛り上がっても、すぐ尻すぼみになったりします。吉田先生はゴールを示した。5年間と決めたのはなぜですか?

【吉田】最初に相談したのが、原発にくわしい医療関係者の方々です。放射能の影響が子どもたちに出るのが、チェルノブイリのときだと4、5年。答えは「福島の場合でも、5、6年経てばどれだけの被害があるかわかるだろう」ということでした。では、5年で成果を出していこうということになった。私はいつも、どんな事業を始めるにときにも、終わり方を考えてスタートします。そうでないと、うまくいかないのです。

おそらく、寄付金が集まるのも3年までだろうと。その間に集めたお金で5年までは存続させる。それがわれわれの責任の取り方だろうと思ったのですが、4年目ぐらいになると「もう終わりですか」と言われる。確かに、寄付金をいただいてやっていますけれど、私たちにしたら、5年やったら褒めてもらえると考えていました(笑)。

【三宅】吉田先生がよく言われますが、教育支援協会を立ち上げたことも、「ふくしまキッズ」を応援するのも同じなのだと。民間の立場で、自分個人として何ができるのか、できることをやろうよということですか。

画像を見る
三宅義和・イーオン社長

【吉田】私は祖母から教えられた「男の子っちゅうのは稼いで半人前、務め果たして一人前」という言葉を大切にしています。お金を稼いで、家族を養っているだけでなく、世の中で役に立つ人間になってこそ、人間なんだと祖母は言うのです。そのために勉強し、自分を磨くんだと。よく子どもたちが「何で勉強するんですか」と聞きますが、その時に「世のために役に立つ人間になるためだ」というと、子どもたちは必ず「先生は役に立っているんですか」と聞いてきます。その時に「俺はそのつもりでいるぜ」と話して、子どもたちがそうだなと納得しない限り、つまり、子どもたちにモデルを示さない限り本当の教育はできないですよ。

【三宅】5年目の活動の節目として昨年の10月にニューヨークで活動報告会を開催されました。8人の子どもたちが「ふくしまキッズ」の代表として、特に大きな支援団体となった、アメリカのジャパン・ソサエティーを会場に英語で感謝を述べました。その内容は子どもの視点から率直に語られて、自信を持って堂々と話す姿に会場は感動で、皆さん涙されたと聞いています。先生のニューヨーク活動報告会によせる思いはどのようなものだったのしょうか。

【吉田】活動を始めようとしても、まず資金がありません。子どもたちを北海道へ連れて行って、お金が足りないから途中で帰るってわけにはいきません。いろいろと思案し、混乱していたところへ、ジャパン・ソサエティーから30万ドル送られてきたんですよ。当時の為替レートだと日本円で2700万円。本当に感謝しました。そのときに「この活動が終わったら、アメリカへお礼に行こう」という話をしていました。

大震災も原発事故も物語に残さないといけない

【三宅】海外からの寄付とは、ありがたいことですね。

【吉田】その後も追加の寄付をいただきました。お礼と報告については、子どもたちが行くっていうアイデアが出てきたわけです。私は国連の本会議場で、世界の大使を前にやらせたいと思い、文科省に働きかけたら、「いや、これは政府関係じゃないから無理だ」と言われて、それで10月16日にジャパン・ソサエティーの本部でということになりました。英語スピーチの指導はイーオンさんに本当にお世話になりました。最初は、代表の2、3人を連れて行ってと思っていたのですが、みんな一生懸命になって、イーオンで勉強しているわけですから、「それだったら、成果を見せてやろうよ」と8人全員参加となった。

【三宅】よかったです。

【吉田】8人を選んだ基準は、英語が得意というより、その子が感謝の気持ちを伝えたいと思っていること。この内容だったら海外の人が「寄付金を出して良かったな」と思ってくれる文章で選びました。それを英語に訳して、自分のスピーチにしたんですが、その過程で全員が力をつけた。最後の段階では、しっかりと気持ちが伝わってきましたよね。

【三宅】私どもにとっても非常にありがたいことでした。やっぱりニューヨークの方も、きちんとお礼に子どもたちが8人も来て、きちんとスピーチをしたというのが大きいですよね。いろんなところに寄付をされても、そのような反応があるとは限らないのに、きちんと形で感謝の気持ちを表す手助けができたのですから。

画像を見る

【吉田】ジャパン・ソサエティーの理事長も喜んでくれまして、「吉田さん、『ふくしまキッズ』は当たりだったよ」と言ってくれた。つまり、寄付でも当たりハズレがあるらしい。正直、それを聞いて、なんかもう責任を果たしたなと肩の荷が下りた気分になりました。

そして最後に、フェアウェルパーティーという形で全国の「ふくしまキッズ」関係者のみんなに福島に集まってもらって、800もの子どもたちや保護者の皆さんに会ってもらいました。もちろん、北海道だけじゃなくて、全国から来てもらいました。ボランティアの人が多く、交通費を払って集合してもらいました。

【三宅】吉田先生らしいと思ったのは、今回の活動記録を物語として残されるという発想です。当初から活動支援をしていた作家の田口ランディさんに執筆を依頼して『リクと白の王国』(キノブックス)という小説にしましたね。この物語で後生に託す思いっていうのはどのようなものでしたか。

【吉田】例えば、私が広島の原爆で頭に浮かぶのは、マンガの『はだしのゲン』だとか、井伏鱒二の小説『黒い雨』です。だから、今度の東日本大震災と福島第一原発事故も物語に残さないといけないということで、田口さんにお願いしました。とてもすばらしい出来栄えなので、多くの日本の子どもたちが読むだろうし、海外の寄付者の方々のために英語版の出版もしようと思っているんですね。

【三宅】確かにストーリー性があれば、印象がずっと残りますよね。報告書でいくら数字が並んでいても、頭を素通りして残らないですよね。

【吉田】私は今、若い人たちとできるだけ接しようと思っているのは、その若い人たちがこうした思いをつないで行ってくれる主体だからです。おそらく、これから先、私たちの社会は、ゆっくりと衰退期に入ると思いますが、それでも幸せに過ごす方法を次の世代に託さなくてはいけないと考えるからにほかなりません。

【三宅】本日はありがとうございました。

あわせて読みたい

「東日本大震災」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    天皇陛下の政治利用疑惑。都議選前夜に、宮内庁長官の発言は軽率と言う他ない

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月25日 08:16

  2. 2

    金融資産1億円はもはや「富裕層」ではない

    内藤忍

    06月25日 11:24

  3. 3

    <TBS「週刊さんまとマツコ」>悩みなき萬斎娘・野村彩也子アナに悩み相談させるのは残念

    メディアゴン

    06月25日 09:00

  4. 4

    宮内庁長官の“陛下が五輪懸念と拝察”発言 記者から「発信していいのか」と確認も

    BLOGOS しらべる部

    06月25日 14:08

  5. 5

    NHK「たけしのその時カメラは回っていた」予定調和の気持ち悪さ

    メディアゴン

    06月25日 08:27

  6. 6

    「天皇陛下が五輪に懸念」…異例の長官「拝察」発言に賛同相次ぐ

    女性自身

    06月25日 08:32

  7. 7

    反ワクチン派への否定に医師「長期的な副作用は不明であることを念頭に置くべき」

    中村ゆきつぐ

    06月25日 08:57

  8. 8

    「五輪は延期か中止を」立憲民主党東京都支部連合会長妻昭会長

    安倍宏行

    06月25日 12:31

  9. 9

    ワクチン予約サイトの「.com」運用に疑問 行政はトップレベルドメインで信頼性担保を

    赤木智弘

    06月25日 10:24

  10. 10

    営業職の約8割「嫌な思いした」誰得営業が発生する現実

    キャリコネニュース

    06月25日 09:55

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。