記事

『アンブロークン』上映を拒む“企業化”した社会

リンク先を見る

対談する森達也氏(左)と野中章弘氏。(写真/林克明)

2月6日から全国公開されるアンジェリーナ・ジョリー監督の『不屈の男 アンブロークン』を巡って1月21日、東京の日本大学芸術学部で、作品上映後に映画監督の森達也氏とジャーナリストで早稲田大学教授の野中章弘氏が対談した。

『アンブロークン』は、ベルリン五輪で好成績をあげ1940年開催予定だった東京大会で金メダルを狙っていた実在の米国人陸上選手の不撓不屈の人生がテーマ。第二次大戦中に日本軍に拘束され東京の大森捕虜収容所に収監され、異様な虐待を受け続けた末、日本の敗戦により生還。98年の長野冬季五輪の聖火ランナーとして日本の土を踏んだ。

米国で公開されると、虐待シーンが多いためか日本ではネット右翼を中心に「反日映画」だと非難の声が高まり、二の足を踏んだ東宝東和に代わりビターズ・エンドが配給に踏み切った経緯がある。森達也氏は「リスクをとらず効率化だけを求める企業化した風潮が背景にある。表現活動やジャーナリズムは危ないこともする」と上映延期をめぐる社会的背景として“企業化”があると指摘した。

野中氏は、NHKが「従軍慰安婦」のドキュメンタリーをつくりたがらない例と比較して(具体的で差し迫った圧力もないのに)忖度して自主規制すると、表現活動にかかわる人も具体的でない恐怖をもつ、と述べたのは印象的だった。

(林克明・ジャーナリスト、1月29日号)

あわせて読みたい

「映画」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    都の感染者が3865人のからくり 検査数が増えれば陽性者数も増える

    諌山裕

    07月30日 13:07

  2. 2

    緊急事態宣言下で爆発している今の状況での延長なんて反感しか産まない ただ政府だけに責任押しつけるな 

    中村ゆきつぐ

    07月31日 08:58

  3. 3

    歌舞伎×ジャズピアノ、タップダンスにイマジン…五輪開会式はなぜ変化球で攻めたのか

    毒蝮三太夫

    07月31日 08:05

  4. 4

    どうして日本から敢えて海外移住するのか?

    内藤忍

    07月31日 11:03

  5. 5

    無法地帯になってきた空港と選手村 感染爆発が止まらないのも道理

    田中龍作

    07月31日 08:43

  6. 6

    もう、オリンピック・ムードに浸り続けるのは無理なんじゃないかな

    早川忠孝

    07月30日 08:37

  7. 7

    なぜ無効な政策をいつまでも続けるのか?

    青山まさゆき

    07月30日 16:11

  8. 8

    第4波から何も学ばなかった政府 リーダーは意思とメッセージを明確にせよ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    07月31日 08:55

  9. 9

    ゆうちょ銀行 東証の新区分プライム市場に不合格 上場株式は量よりも質の時代へ

    川北英隆

    07月31日 09:49

  10. 10

    「"おじさん構文"でも大丈夫」部下とのLINEが苦手な人がやるべき"シンプルな解決策"

    PRESIDENT Online

    07月31日 09:40

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。