記事

『アンブロークン』上映を拒む“企業化”した社会

リンク先を見る

対談する森達也氏(左)と野中章弘氏。(写真/林克明)

2月6日から全国公開されるアンジェリーナ・ジョリー監督の『不屈の男 アンブロークン』を巡って1月21日、東京の日本大学芸術学部で、作品上映後に映画監督の森達也氏とジャーナリストで早稲田大学教授の野中章弘氏が対談した。

『アンブロークン』は、ベルリン五輪で好成績をあげ1940年開催予定だった東京大会で金メダルを狙っていた実在の米国人陸上選手の不撓不屈の人生がテーマ。第二次大戦中に日本軍に拘束され東京の大森捕虜収容所に収監され、異様な虐待を受け続けた末、日本の敗戦により生還。98年の長野冬季五輪の聖火ランナーとして日本の土を踏んだ。

米国で公開されると、虐待シーンが多いためか日本ではネット右翼を中心に「反日映画」だと非難の声が高まり、二の足を踏んだ東宝東和に代わりビターズ・エンドが配給に踏み切った経緯がある。森達也氏は「リスクをとらず効率化だけを求める企業化した風潮が背景にある。表現活動やジャーナリズムは危ないこともする」と上映延期をめぐる社会的背景として“企業化”があると指摘した。

野中氏は、NHKが「従軍慰安婦」のドキュメンタリーをつくりたがらない例と比較して(具体的で差し迫った圧力もないのに)忖度して自主規制すると、表現活動にかかわる人も具体的でない恐怖をもつ、と述べたのは印象的だった。

(林克明・ジャーナリスト、1月29日号)

あわせて読みたい

「映画」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    男性パートナーの得意な家事「皿洗い」に女性は不満?意識のギャップを防ぐカギは【9月19日は育休を考える日】

    ふかぼりメメント

    09月18日 08:50

  2. 2

    なぜ不祥事を起こした議員の「除名」に極めて慎重なのか

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月19日 08:21

  3. 3

    「FIREブーム」は昭和バブル期のフリーターブームに似ている

    内藤忍

    09月18日 14:15

  4. 4

    鈴木宗男氏が、枝野代表の総裁選への指摘に苦言「論外」

    鈴木宗男

    09月19日 10:53

  5. 5

    堀江貴文「コロナ禍に資格の勉強を始める人が見落としている根本的な間違い」

    PRESIDENT Online

    09月18日 14:24

  6. 6

    先進国唯一の異常事態 「安値思考」から抜け出せない日本 - 渡辺 努 (東京大学大学院経済学研究科教授)

    WEDGE Infinity

    09月18日 10:45

  7. 7

    東京都医師会の尾崎会長 自身の医院でなぜ陽性者を受け入れていないのか

    NEWSポストセブン

    09月18日 17:04

  8. 8

    アンタタッチャブル「共演NG説」あった松本人志との共演急増のワケ

    NEWSポストセブン

    09月19日 09:23

  9. 9

    9月にバラエティが続々終了 最終回を民放各局が注視する理由

    NEWSポストセブン

    09月18日 10:08

  10. 10

    自民OB・舛添要一氏「岸田文雄総裁なら“疑似政権交代”のような雰囲気出せる」

    NEWSポストセブン

    09月19日 11:56

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。