記事

「老害」が元凶か、SMAP騒動も東芝不祥事も

溝上憲文=文

「女帝」メリー喜多川氏は今年「90歳」

人気アイドルSMAPのジャニーズ事務所からの独立騒ぎで、SMAP育ての親の飯島三智マネージャー(58)と事務所の“女帝”と称されるメリー喜多川副社長との確執が盛んに報じられた。

『週刊文春』誌上でのメリー副社長のインタビュー記事を読むと、この人が社員だけではなく、タレントの運命そのものを握り、誰も逆らうことを許さない絶大な権力を持っていることがうかがえる。彼女の言動からどうしても「老害」という言葉が浮かんでくる。

老害とは以下のように解釈されている。

「硬直した考え方の高齢者が指導的立場を占め、組織の活力を失うこと」(広辞苑)
「企業や政党などで、中心人物が高齢化しても実権を握り続け、若返りが行われていない状態」(デジタル大辞泉)

画像を見る

各紙誌の報道によれば1926年生まれのメリー副社長はすでに89歳、弟のジャニー喜多川社長も今年85歳になると言われる(メリー氏の娘でジャニーズ事務所次期社長と目される藤島ジュリー景子氏は49歳)。しかもジャニーズ事務所は1962年創業の老舗であり、年商も1000億円と推計される大企業である。外形的には「老害」の要件を満たしている。

老害は辞書では組織の活力を失わせる、若返りが行われないという弊害を生むと解説されているが、それにとどまらず企業の成長を阻害する深刻な事態をもたらすこともある。

そもそも自分が老害であると自覚している経営者は少ない。長くトップに君臨していると、経験が豊富なだけに周囲の人間がどうしても劣っているように見える。

部下に何かを指示しても自分が思い描くようなアウトプットを出さないために不安になる。そして自分がまだまだがんばらなければいけないと思いこみ、今の地位を退くことを考えなくなる。

権力に執着するのは「老い」の典型

その結果、自分の後継者が育たないという悪循環に陥ってしまう。本来であれば、多少能力的に見劣りしても、責任ある仕事をあえて任せ、たとえ失敗しても手や口を出すことなく、本人がそこから這い上がる修羅場の経験を積ませなければ人は成長しない。

山本五十六の言葉ではないが、

「やってみせ、言って聞かせて、させてみて、ほめてやらねば人は動かじ」

なのである。

ところが人は歳を重ねるごとに、周囲の人間ができないことばかりが気になり、イライラが募り、がまんできずに叱りつけることが多くなる。

これは典型的な「老い」の現象だが、それによって人が育たないばかりか、優秀な人間が会社を去っていくことになる。

画像を見る

逆に残った社員はトップに恐れおののき、トップの言葉を絶対視するようになり、社内で神格化されていく。こうして“裸の王様”ができ上がることになる。

さらに下からあがめ奉られればトップも居心地がよくなり、退こうとする気持ちがなくなり、逆に権力に執着し、それを維持しようという力が働く。

その結果、自分に楯突く、あるいは将来、自分の寝首をかくかもしれない目障りな存在を排除しようとする。

これが老害の行き着く最悪の状態であり、トップが腐れば、当然それに蝕まれた会社も衰退していく。

ジャニーズ事務所がどの段階にある老害かはわからないが、この会社に限らず、日本企業は同族企業であるかにかかわらず世界に冠たる「老害大国」といってもよいだろう。

オリンパス旧経営陣は「老害」で逮捕

たとえば2012年2月に菊川剛前社長ら旧経営陣3人を含む7人が逮捕されたオリンパスの損失隠しによる粉飾決算事件も老害が生んだ悲劇だった(逮捕時菊川氏は71歳)。

菊川氏は2001年から社長を退任するまで10年間社長に君臨。自身が起用したマイケル・ウッドフォード社長が不正をかぎつけると、社長解任に追い込み、再び社長に復帰した。

オリンパスの第三者委員会の調査報告書(2011年12月6日)は経営トップの隠蔽体質をこう指弾している。

<本件は、社長、副社長、常務取締役等のトップ主導により、これを取り巻く一部の幹部によって秘密裡に行われたものである。オリンパスにおいては、このような会社トップや幹部職員によって不正が行われることを想定したリスク管理体制がとられておらず、これらに対する監視機能が働かなかった。経営中心部分が腐っており、その周辺部分も汚染され、悪い意味でのサラリーマン根性の集大成ともいうべき状態であった>

リンク先を見る

痛烈な批判であるが、「経営トップが腐れば組織も腐る」よい見本である。さらに原因は組織風土にも及び、経営トップが長期間にわたるワンマン体制を敷いたことで会社内部において異論を述べることがはばかられる雰囲気が醸成されていたという。

報告書は
<役員の間に社長交代のシステムが確立されておらず、恣意的にこれを占めることが可能になっていた。風通しが悪く、意見を自由に言えないという企業風土が形成されており>
と指摘し、こう述べている。

<健全な経営感覚からすると疑いを持ってしかるべき取引が取締役会に上程されたとき、正確な情報が与えられないこともあったが、十分な検討が行われた形跡はない。取締役会にはイエスマンが多く、取締役会は形骸化していたと認めざるをえない。社外取締役もこれにふさわしい人物が選ばれておらず、機能していなかった>

取締役会が議論の場というより、単なる承認機関になっている会社はオリンパスだけではない。

東芝社長 退任後も相談役、会長、副会長

ある中堅の流通会社には代表取締役社長をはじめ専務、常務、取締役の計9人の役員がいる。歴代社長はいずれも生え抜きが就任しているが、社長の在任期間が10年と長い。

取締役会の状況について同社の人事担当役員はこう語る。

「取締役会に議題として提案する前に、担当部門長と社長が事前にネゴシエーションを行ったうえで提案される。したがって取締役会では了解が前提のような形になってしまい、それに対して他の部門の取締役が何か言ってもしょうがないという雰囲気があり、発言しない。逆に異議でも唱えようものならば、後で自分に跳ね返ってしまうのではないかという危惧もある」

役員が発言しないのは何も社長を恐れているからだけではない。「会社全体の経営情報を他の役員が共有していないからであり、さらにいえば経営トップが情報を独占しているからだ」と人事担当役員は指摘する。

当時はオリンパス事件を例外とみる経営者も多かったが、その後も老害による事件は絶えていない。

その典型は東芝事件だ。

社長を退いても相談役、会長、副会長として経営に口を出し続け、ついに経営をどん底に追い込んだ。

最大の要因は「老害」を温存する日本の企業構造にあると思う。大手企業の秘書室長経験者はこう指摘する。

「CEOが気を遣うのは株主でも従業員でもなく、前の社長だ。しかも会社に相談役室があり、歴代社長の部屋に写真がずらっと並んでいる。彼らの承認を経なくては何もできないようなところがあった。会長、元会長の影響力を排除するのは非常に難しいのが現実だ」

日本企業の後任社長の多くは前任の社長が指名する習わしがある。たとえ前任の社長が業績悪化の責任をとって辞めても次期社長を指名する。

社長を退くと、自らは会長の椅子に座り、会長の後は相談役になり、その次は顧問として報酬をもらいながら死ぬまで会社に居座る。

死ぬまで影響力を行使し続ける「老害」

よく日本のサラリーマンは終身雇用と言われるが、実質的には定年までの雇用にすぎない。ところが社長経験者はそれこそ“終身雇用”であり、亡くなると社葬という形で葬式までやってもらえる。

しかも、新社長は指名してもらった以上、前任の社長の経営方針を全面的に改めるといった大改革ができない。恩義もあるが、やろうとすれば会長、相談役らが徒党を組んで反対に回るなど影響力を行使しようとするからだ。

いつまでも口を出し続ける老人たちがいる限り、思い切った事業構造改革などできるはずもないし、その結果、経営的に追い込まれていく。

ご存知のように欧米企業のCEOは外部のプロ経営者であれ、生え抜きであれ、業績を上げれば高い報酬をもらえるが、達成できなければ責任をとって4年ないし6年で退任し、会社から完全に離れるケースが多い。

しかし、日本では業績不振でも社長を続ける人もいれば、社長を交代してもその上に居座り続ける。日本を「老害大国」と言うゆえんである。

東芝は今年6月の株主総会で相談役制度を廃止し、役員経験者が全員一律に顧問に就く現在の制度を見直す予定だ。日本ではよほどの不祥事がない限り、老害はなくならないのかもしれない。

あわせて読みたい

「ジャニーズ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    アビガン承認煽る声に医師が苦言

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    賭け麻雀苦言の労連トップが朝日

    和田政宗

  3. 3

    外国人選手が逮捕 試合なく薬物

    阿曽山大噴火

  4. 4

    安倍首相の言葉と行動大きく乖離

    畠山和也

  5. 5

    羽田で4人感染 ブラジルから到着

    ABEMA TIMES

  6. 6

    布マスクは金の無駄 飛沫防げず

    諌山裕

  7. 7

    森法相の国会答弁ねじ曲げに呆れ

    大串博志

  8. 8

    誹謗中傷の規制急ぐ政治家を危惧

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  9. 9

    森法相の迷走 元凶は安倍首相

    猪野 亨

  10. 10

    慰安婦団体 真の目的は日韓分断

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。