記事

「投降か餓死か」迫るシリアロシア連合軍 プーチンとオバマでは役者が違う 人道危機を放置するアメリカ - 佐々木伸

シリア最大の都市にして内戦の激戦地である北部のアレッポがロシア軍の猛爆撃の支援を受けた政府軍の攻勢の前に完全に包囲されつつあり、住民らの大脱出(エクソダス)が続いている。脱出した住民らは隣国トルコへの入国を許されず、厳寒の中、国境沿いに野営し、新たな人道危機にあえいでいる。

さらに100万人の可能性も

 トルコ国境に近いアレッポはかつて、300万人を超える人口を持つシリア最大の商業都市として繁栄していた。しかし5年前に内戦が勃発し、2012年以降、反体制派と政府軍がそれぞれ市を分断支配して激戦地となってきた。一時は反体制派が完全支配する直前までいったが、ロシアが4カ月前に軍事介入し、反体制派への爆撃を開始してから形勢は逆転した。

 政府軍は1月末から、ロシア軍の猛爆撃の支援の下、同市の奪還作戦を始め、南部、東部から包囲網を縮め、2月3日、北部の周辺の村々を制圧して市とトルコの戦略的な補給ルートを遮断、締め付けを強めた。市の西部にはまだ政府軍が展開していないが、完全包囲は時間の問題と見られている。

 政府軍の奪還作戦には、イランの革命防衛隊や、イランの影響下にあるレバノンの武装組織ヒズボラ戦闘員、イラクとアフガニスタンのシーア派民兵軍団など数千人も加わっている。政府軍は市を完全に包囲して孤立させ、反体制派に「投降か、餓死か」の二者択一を迫る作戦だ、とされる。

 ロシア軍の空爆は「これまでで最も激しいものだった」(反体制派戦闘員)といわれ、3日から4日の24時間で200回を超える爆撃が加えられた。反体制側は最後まで戦うと強気の姿勢だが、反体制派の一翼として戦闘しているアルカイダ系の過激派「ヌスラ戦線」は支援を求める緊急アピールを出した。

 反体制派が支配している市の西部地域には約35万人の住民が残っていたが、ロシア軍の無差別爆撃と政府軍の攻撃に耐えきれず、続々と脱出。現在3万人がトルコの国境の町キリスのシリア側にたどり着き、なお5万人がこの後に続いているという。トルコは住民らの越境避難を認めず、シリア側に食料や毛布などを配布している。

 トルコのクルトルムシュ副首相によると、最悪の場合、アレッポやその周辺地区からさらに100万人が脱出してくる可能性がある、という。仮にアレッポが包囲され、政府側に陥落することになれば、反体制派にとっては壊滅的な打撃となるだろう。

勝利に自信深めるロシア

 トルコがアレッポ住民の越境を拒んでいるのは既に国内に250万人ものシリア難民を抱えてその受け入れが限界に達しているという国内事情がある。加えて「欧州へ難民が殺到しているのは、トルコが国境管理をきちんとしていないからだ」という欧州連合(EU)の批判に対して意地になっているからだ。

 しかしトルコだけではなく、ヨルダン、レバノンなど周辺諸国が難民の受け容れに悲鳴を上げているのも事実。140万人の難民がいるヨルダンのアブドラ国王は最近「難民を受け入れている国民の感情は爆発寸前。このままでは他の方法も取らざるを得ない」と難民の追放さえ仄めかしている。

 反体制派の最大の支援国であるサウジアラビアもアレッポの戦況には苦悩の色が濃い。サウジの軍スポークスマンはこのほど、シリアに地上部隊を派遣する用意があると述べたが、これに対してイランの革命防衛隊司令官は「サウジにそうした勇気があるはずがない」と足下を見ている。

 戦況が政府軍優位に一変したことに自信を深めているのがロシアのプーチン大統領だ。プーチン大統領が自信と余裕を見せているのは、軍事面だけではなく、外交的に勝利したと考えているからに他ならない。ロシアの軍事介入で政府側が反体制側から奪還した領土はわずか2%しかない。

 しかし、その軍事的な優勢を背景に獲得した外交的勝利は計り知れない。その最たるものはアサド大統領の退陣を前提にした内戦終結のシナリオを事実上無効にしたことだ。先月末に開催されたシリア和平協議はわずか1週間で中断に追い込まれたが、反体制派は別にして米国も含め「アサド早期退陣」の主張は姿を消した。

 こうした中、本来、世界の紛争解決に最も影響力を行使しなければならない米国は指導力を発揮しようとしていない。優柔不断なオバマ大統領は今回のアレッポ住民の人道危機にも積極的に動く気配は見せていない。米国の指導力回復は新大統領の誕生まで待たなければならないのは確実だ。

あわせて読みたい

「シリア」の記事一覧へ

トピックス

議論新型コロナウイルスに向き合う

ランキング

  1. 1

    富岳が分析 ウレタンマスクはNG?

    諌山裕

  2. 2

    コロナで医療全体ひっ迫は間違い

    名月論

  3. 3

    渡部建の目論みに冷ややかな声

    女性自身

  4. 4

    安倍氏聴取に感じる特捜部の覚悟

    早川忠孝

  5. 5

    ニトリ偽サイト「ミトリ」に注意

    ABEMA TIMES

  6. 6

    凋落の新聞社 報道の行く末とは

    ヒロ

  7. 7

    医療従事者への誹謗中傷 SNSでも

    川名 ゆうじ

  8. 8

    欧米との差 医療崩壊は政府次第

    青山まさゆき

  9. 9

    パスワードの管理方法は紙が最強

    PRESIDENT Online

  10. 10

    中島みゆきとユーミン 本当の仲

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。