記事

イクメンならぬ「イケメン不倫議員」として活動したら?

衆院本会議を終え、手で顔を覆う自民党の宮崎謙介衆院議員(中央)=2月9日午後、国会(写真は産経新聞)
 国会議員カップルの育休取得をめぐり、一石を投じた自民党の宮崎謙介議員=京都3区=でしたが、週刊文春が報じた不倫疑惑でどうやらせっかくの議論もすべて台無しになるかもしれません。

 宮崎議員のブログによれば、2月5日に長男が誕生したそうです。ブログには出産までの経緯を詳細に記し、「壮絶ですね、出産は。これから2人で大切に育てていきたいと思います」と長男誕生の喜びもつづっていましたが、週刊文春Webによれば、宮崎議員は出産の一週間前に京都市の自宅に女性を招き入れ、一夜を共にしていたそうです。

 不倫疑惑が事実かどうか定かではありませんが、疑惑が報じられた後の対応をみる限り、本人もなにかしら後ろめたい気持ちがあるのかもしれません。いずれにせよ、疑惑を認めるのか、否定するのかはともかく、世間に「イクメン」をアピールした以上、都合の良いときだけマスコミを利用するのではなく、国会議員として公の場で本人の口から釈明するのが筋だと思います。

国会議員の育児休暇取得をめぐる議論は本来であれば、真剣に議論すべき中身だったはずです。そもそも、国会議員には育児休暇の規定がなく、出産に関してのみ、衆議院規則185条で「議員が出産のため議院に出席できないときは、日数を定めて、あらかじめ議長に欠席届を提出することができる」と規定しています。

 参院にも同様の規定があり、これまでに橋本聖子参院議員ら、衆参で計9人の女性議員が取っていますが、男性議員が育児を理由に休暇を取得した先例はありません。それだけに賛否はともかく、宮崎議員の育休宣言は十分議論する価値があったと思います。

 ただ、不倫疑惑が報じられた以上、宮崎議員がいくら国会議員の育休取得を訴えようとも、議論を続けるのは難しいと言わざるを得ません。彼の疑惑が晴れない限り、もはやイクメン議員のイメージは悪くなる一方です。正直、真剣に議論する気すら起きないのが本音ではないでしょうか?

 そういえば、ちょっと前にも国会サボり疑惑を週刊誌に報じられ、物議をかもした方がいらっしゃいました。その方は今や完全に開き直って、グラビア本を出したり、バラエティー番組にも出まくって、国会議員の活動以外で目立っています。 好感度タレントだったベッキーの時もそうでしたが、不倫疑惑が報じられてマスコミから逃げるように「休業」宣言するのではなく、宮崎議員にはもういっそのこと「イケメン不倫議員」として開き直って活動を続けた方が本人にとってはいいのかもしれませんね(笑)。(iRONNA編集長、白岩賢太)

■ ■ ■
 「育児休暇を取りたい」と宣言した自民党の宮崎謙介議員をめぐり、不倫疑惑が持ち上がった。男性の国会議員が育児で一時休暇した先例はなく、自民党内でも慎重論と賛成論が渦巻く議論に発展。当の本人の「醜聞」によって議論は台無しになったが、総合オピニオンサイト「iRONNA」では国会議員の育休をめぐるテーマを公開しています。こちらもぜひご覧ください。

あわせて読みたい

「宮崎謙介」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ブラタモリに失望 忘れられた志

    メディアゴン

  2. 2

    立民議員の官僚叩きに批判が殺到

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  3. 3

    官邸前ハンスト 警官と押し問答

    田中龍作

  4. 4

    任命拒否 学者6名に無礼な菅首相

    メディアゴン

  5. 5

    上野千鶴子氏 任命拒否に危機感

    女性自身

  6. 6

    元民主・細野氏らデマ拡散へ揶揄

    文春オンライン

  7. 7

    日当7万円 公務員と比較したのか

    橋下徹

  8. 8

    机叩き…橋下氏語る菅首相の会食

    ABEMA TIMES

  9. 9

    高級車雨ざらし カーシェア破産

    SmartFLASH

  10. 10

    国に従わず支援求める朝鮮学校

    赤池 まさあき

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。