記事

金正恩氏、またもや軍幹部を処刑か?…総参謀長に処刑説

画像を見る

韓国の朝鮮人民軍(北朝鮮軍)の李永吉(リ・ヨンギル)総参謀長が、2月初めに処刑されたと、韓国の聯合ニュースや韓国主要メディアが伝えた。現時点で詳細は不明だが、処刑理由は分派活動、不正行為などだという。

つい先日、筆者は本欄で「金正恩氏は軍部に対する恐怖政治さえも厭わない」と指摘していたが、李永吉氏の処刑は十分にあり得ると見ている。そして、李永吉氏の処刑が事実だとすれば、やはり金正恩第一書記の恐怖政治が強化されているようだ。

(参考記事:金正恩氏の暴走は止まらない…軍部も逆らえない危険な指導者

しかし、いくら独裁国家の頂点に立っているとはいえ、巨大な武力を持つ北朝鮮軍の幹部を処刑する金正恩氏の残虐さと強引さは異常だ。

記憶に新しいところでは、昨年5月人民武力相(日本の防衛相にあたる)の玄永哲(ヒョン・ヨンチョル)氏が、大口径の高射砲で文字通り「ミンチ」にされた。

(参考記事:玄永哲氏の銃殺で使用の「高射砲」、人体が跡形もなく吹き飛び…

李永吉氏がどのようにして処刑されたのかは不明だが、玄永哲氏の時と同じく、公開処刑の可能性が高い。一昨年の10月に行われた公開処刑については、その場面が衛星写真で確認されている。

(参考記事:北朝鮮の公開処刑、衛星写真で確認

(参考記事:北朝鮮の「公開処刑」はこうして行われる

北朝鮮国内からは、金正恩氏の「恐怖政治」がひどくなっているという声が伝わってくる。とりわけ、労働党や朝鮮人民軍の幹部になればなるほど、監視・統制が強化されるという。高級幹部ほど、がんじがらめにされているのだ。

しかし、李永吉氏は金正恩氏の信任が厚い人物として知られていた。それにも関わらず、処刑したとするならば、正恩氏は一体誰を信頼するのだろうか。

あわせて読みたい

「北朝鮮」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    感染者減少の理由が若者の深夜の繁華街の人流減少というのなら、その他の行動制限は外してください

    中村ゆきつぐ

    09月26日 08:14

  2. 2

    共産主義・マルクス主義信奉を志位和夫委員長が改めて表明した心意気や良し。野党共闘はやはり「大異小同」だ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月26日 08:41

  3. 3

    新型iPhone13シリーズが発売 AppleがLightningにこだわる理由

    S-MAX

    09月26日 14:36

  4. 4

    官僚も経済界も「河野太郎首相だけは勘弁してくれ」と口を揃えるワケ

    PRESIDENT Online

    09月25日 14:37

  5. 5

    コロナがもたらした「甘えの構造」

    ヒロ

    09月26日 13:06

  6. 6

    自民党総裁選をめぐる様々な立場からのネット番組 極端な内容に苦言

    石破茂

    09月25日 16:07

  7. 7

    3時間のランチのために6時間かけて出かける理由

    内藤忍

    09月25日 11:26

  8. 8

    韓国で出版された「慰安婦被害者はいない」とする著作

    諌山裕

    09月25日 09:34

  9. 9

    バブルは必ずはじける 中国不動産業者の破綻にみる危うさ 日本でも不労所得に高額課税を実現しよう

    猪野 亨

    09月25日 12:02

  10. 10

    自民党総裁選の候補者討論 報ステとWBSの仕切りの差異は興味深かった

    NEWSポストセブン

    09月25日 18:24

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。