記事

いい参謀に恵まれますように

本当に政治の世界で仕事をするつもりなら、タレント系の人はどこかで参議院の比例区から参議院の地方区もしくは衆議院の選挙区に転進することを考えておいた方がいい。

参議院の全国比例区の選挙は、基本的には組織選挙だから、確固たる選挙基盤を有していないいわゆるタレント系やスポーツ系の候補者には実にきつい選挙になる。
まあ1回やれば十分だ、ぐらいな気持ちで臨まないと、二期目の選挙でずいぶん惨めな思いをすることになる。

参議院議員は6年間の任期があるのだから、まずはその6年間で完全燃焼することを考えておいた方がいい。
当選してから自分が何をするかを考えるのでは、遅い。
立候補を決める前にまずは、6年間で何をやるか、自分の力で何が出来るか、どこまでやるか、などということを十分に考えておくことだ。

選挙に出ることを決めた、というだけでまったく別の世界に入ったことになる。
自分の時間がなくなり、自分で自分の行動を決められなくなる。
まるで何か大きな機械の歯車の一つになったようで、自分の歯車が小さいとクルクルクルと激しく回り、ある程度大きな歯車であっても、絶対に自分勝手には動けないことが分かる。

なんでこんなに不自由なんだ、と思う時がいずれは来る。

自分のプライベートな時間が無くなり、プライバシーも無くなってしまうのだから、自分一人のささやかな人生を楽しみたかった人にはとても堪えられないことになってしまう。

経験したことがない人にはいくら口を酸っぱくして言っても分からない世界である。

そういう未知の世界を覗いてみたい人には、ワクワク、ドキドキするようなことばかりだろうが、しかし誰にでもはお勧めできない。

昨日、自民党から一人のタレント系の女性が参議院比例区に名乗りを上げた。
いいことだと思うが、よほどいい人が参謀についていてくれないと大変なことになるだろうと心配している。

選挙のお手伝いは出来ないが、困ったことが起きたら遠慮なく相談に来られたらいい。
私の事務所の門戸は、どなたに対しても広く開けて待っている。

あわせて読みたい

「今井絵理子」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    GoTo批判派に「楽なポジション」

    やまもといちろう

  2. 2

    尾身氏「緊急宣言のときと違う」

    BLOGOS しらべる部

  3. 3

    やる気ない安倍政権に怒る尾身氏

    メディアゴン

  4. 4

    昭恵氏が自殺職員妻に送ったLINE

    文春オンライン

  5. 5

    AV女優が避けられぬ「家族バレ」

    SmartFLASH

  6. 6

    ワークマン 陳列変え2倍売る秘策

    fujipon

  7. 7

    ハイターで消毒…教師たちの悲鳴

    鈴木博喜 (「民の声新聞」発行人)

  8. 8

    感染爆発ならGoToは世紀の愚策に

    木走正水(きばしりまさみず)

  9. 9

    新型EV「アリア」は日産を救うか

    片山 修

  10. 10

    中国の弾圧を見逃す感覚は捨てよ

    倉本圭造

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。