記事

寄らば大樹

今朝、週末に読み切れなかった新聞に目を通していたところ、下記の記事が目に留まりました。
///////////////
『議員引き抜き、自民触手』

自民党は、民主党の鈴木貴子衆院議員(比例区北海道)を次の衆院選で自民候補として擁立しようと、引き抜きに動いている。
・・・民主幹部は「一緒にやっていきたい」と引き留めを狙うが、貴子氏はノーコメントを続ける。自民幹部は次の衆院選で、貴子氏を比例区北海道ブロックに立てることを模索する。

■無所属も次々
自民はこのほかにも、野党や無所属議員の取り込みを進めている。
・・・昨年末には、日本を元気にする会を離れた井上義行参院議員が自民会派に入った。第1次安倍政権で首相秘書官を務め、13年参院選比例区で旧みんなの党から当選。安全保障関連法の採決では賛成に回った。
自民は今夏の参院選神奈川選挙区(改選数4)で、10年参院選で旧みんなで当選し、今は無所属の中西健治参院議員の推薦を決めた。当初は自民で2人を立てる構想だったが1人に絞り、代わりに中西氏を支援する。同じく旧みんなから無所属となった田中茂参院議員も自民会派に入った。
 衆院議員では、昨年11月に民主を離党した松本剛明元外相にも秋波を送る。自民関係者は「民主の党勢回復の芽を摘む」と狙いを語る。参院選に合わせた衆院解散の可能性もささやかれるなか、次の衆院選で自民からの擁立を模索する。
(朝日新聞2016.2.5 一部中略)
///////////////
記事で取り上げられた5名の内、2名が「日本を元気にする会」会派の所属議員、3名が元みんなの党。
内情を良く知っている私から言わせてもらうと、「引き抜かれた」というよりも「お願いして入れてもらった」という方が正しいでしょう。

最近は「選挙で再選(当選)したいから、出世したいから、自民党。」という流れが激しくなってきています。他党議員の多くも選挙区事情さえ許せば(つまり、 自分の選挙区内に自民党の議員や候補者がいなければ)、すぐにでも自民党に鞍替えしたいと思っている人たちが多いのではないでしょうか。

私は、この流れに恐怖を覚えます。
1940年ごろは、少しずつこのような形で大政翼賛会が組織されていったのではないかとさえ想像してしまいます。

日本人は基本的に「寄らば大樹」の性格が強いので、結局は改革を実現することが出来ません。財政再建もできず、大戦や原発の時のように、誰もが「危険」と思っていながら破綻への道をずるずると突き進んでしまうのです。

先日は、SPEEDの今井絵理子さんが自民党全国比例で出馬することが発表されました。彼女の個人的な聴覚障害者支援への情熱は理解できますし、頑張って頂きたいと思います。また、子どもの頃から芸能界で活動してきた彼女にとっては、政治は全く別の世界でしょうから、ゼロから育ててもらえそうな自民党に入りたくなるのは意味が分かります。しかし、本気でこの国の未来を憂う国会議員や知識人等であれば、自民党をこれ以上膨らますことへの危機感を持たない方がおかしいと思います。

私も改憲が必要な部分はあると兼ねてから申し上げていますが、かと言って、安保法案の時のように強引に、勢いに任せて通してしまう事があってはならないと思います。

やはり政治屋によらない真の「是々非々の政党」「しがらみの無い政党」が登場し、成長していくことでしか、この国を変えること、守ることは出来ないのです。

あわせて読みたい

「自民党」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    毎日飲んでるトリチウム水。原発処理水、海洋放出を巡る3種の反対・慎重論について検証する

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    04月14日 09:49

  2. 2

    世界のメディアが呆れる海洋投棄の決定

    田中龍作

    04月13日 20:46

  3. 3

    「政治家は明言を避け、決めるのは専門家」日本の政治はナチス化している

    PRESIDENT Online

    04月13日 16:13

  4. 4

    米ニューヨークタイムズの東京五輪中止論は「もっともな意見」

    志村建世

    04月13日 17:31

  5. 5

    「天気予報」や「雨雲レーダー」の信頼度はどれくらい? - 『天気の子』監修の気象庁・荒木健太郎さんに聞く3

    BLOGOS編集部

    04月14日 08:09

  6. 6

    "最後の行方不明者"探す両親。報道陣を面罵する家主…熊本地震5年、地元紙記者の葛藤

    塩畑大輔

    04月14日 10:25

  7. 7

    「ほぼ最低賃金になりますが大丈夫ですか?」 コロナで転職、とんでもない企業に入社してしまった40代男性

    キャリコネニュース

    04月14日 08:51

  8. 8

    社長に“タメ口”を使うモンスター新人「注意しただけで1か月も欠勤。しまいには親が怒鳴り込んできました」

    キャリコネニュース

    04月13日 18:08

  9. 9

    【121カ月目の汚染水はいま】ペーパー棒読みの経産大臣、物言えぬ福島県知事 シュプレヒコール響く中、わずか6分間の「海洋放出するから、よろしく」

    鈴木博喜 (「民の声新聞」発行人)

    04月14日 08:23

  10. 10

    千代田区の名門公立中学校で通知表に「1」を連発した新校長の主張

    NEWSポストセブン

    04月13日 09:29

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。