記事

今朝の北朝鮮のミサイル発射に対して国際社会は如何なる制裁を課すことが出来るか

私の任に非ず、とか、日本の任に非ず、と逃げるわけにはいかないのだが、しかし、私の任でも日本の任でもないことは明らかだ。

いくらアメリカが警告し、いくら中国が牽制しても北朝鮮のミサイル発射を阻止できなかったのだから、日本政府がいくら顔を真っ赤にして北朝鮮のミサイル発射を非難しても相手は動じないだろうと言わざるを得ない。

私たちは実に無力だな、と思わざるを得ないが、力がないのに力があるふりはしない方がいいだろう。

北朝鮮の核開発やミサイル開発を何としてもストップさせなければならないが、これが出来そうなのは国連の安保理事会だけだろうと思う。
安保理事会でも実は北朝鮮の暴走は阻止出来ないのかも知れないが、私たちには安保理事会の外頼る術がない。

安保理事会の常任理事国であるアメリカや中国があれだけ牽制しても北朝鮮はミサイルの発射を一切躊躇しなかったのだから、それだけ安保理事会が無視されているということだ。
北朝鮮によって国際秩序が明らかに乱されている、と言うべきであろう。

国際社会がこのまま何もしなければ、北朝鮮の国際社会に対する挑戦はさらにエスカレートする。

さて、安保理事会は北朝鮮に対してどういうペナルティを課すことが出来るか、というのが、これからの重要な問題になる。

アメリカと中国がどう動くか。
アメリカと中国以外の安保理事会の常任理事国がどう動くか。
すべては、これに係っている。

日本政府に出来ることは、アメリカと中国の双方に対して共同歩調を求めることぐらいだろう。
日本の国会議員にも私にも出来ることは、何もない。

あわせて読みたい

「北朝鮮」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。