記事

これでいいのか、川崎・中1生 殺害事件の求刑!

ほぼ1年前、川崎市の河川敷において、中学一年生が、絶句するような方法で殺害された、いわゆる「川崎・中一殺害事件」の裁判員裁判において、昨日、19歳の被告人に対し、短期懲役10年から長期懲役15年の求刑がなされました。(少年の場合、成人と違って、求刑や判決は、不定期刑といって、短期いくら、長期いくらという幅をもった形でなされます)。

事前にマスコミから「この事件は、どのくらいの刑でしょうか」と尋ねられ、私は、「懲役10年から懲役15年」、あるいは「無期」のどちらかだと答えていました。

結局、このうち1つ目の「懲役10年から懲役15年」の方になったのですが、実は、19歳の少年の場合、少年法の規定上、ほぼ、この2つの選択肢しかありません。

仮に被告人が成人であれば、無期懲役の選択がなされなかった場合、最高で懲役30年の求刑等することが可能である一方、本件のように被告人が19歳の少年であれば、無期懲役を選択しない場合、懲役30年という選択肢はなく、刑はガクンと下がり、先ほど述べたように、懲役15年が最高(長期)になります。

もとより、このように成人との間で刑の長さに差が出るのは、現行少年法のスタンスが少年の育成・保護に傾いている以上、やむを得ない面があるのかもしれませんが、今回のような被告人に無期懲役を選択しない場合に、次は、長くても懲役15年、というのでは、「無期」と「15年」の間に、あまりに隔たりがあり過ぎるように思います。

少年法改正の動きも取り沙汰されていますが、これだけ酷い今回のような事件において、無期懲役を選択しない場合の次に重い刑が、長期でも懲役15年というのでは、天国の被害者が聞いて愕然として嗚咽しているのではないか、との思いになり、私は、何ともやり切れません。

この点は、今後の少年法改正の論議の際には考慮すべき事項だと考えています。

あわせて読みたい

「川崎中1殺害事件」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    山本太郎「約束が反故にされた場合、我々は暴発する可能性も」

    田中龍作

    10月16日 09:34

  2. 2

    「賃上げで皆さんの生活を守る」利益の上がった企業が賃上げをしないのはおかしなこと

    中西健治

    10月17日 08:39

  3. 3

    飲食業界はコロナ禍で衰退ではなく「新陳代謝」する

    内藤忍

    10月17日 09:20

  4. 4

    GoToトラベルという劇薬にすがる観光業と旅行者。感染激減なのに旅行ふるわずやばい状況

    かさこ

    10月16日 09:20

  5. 5

    高市氏の影響が大きい自民党の選挙公約 期待されたハト派の岸田氏はどこにいったのか

    小宮山洋子

    10月16日 11:40

  6. 6

    「ショートパンツの女の子見たいならサッカー観戦」また立憲!新人の“軽薄ツイート”が物議

    女性自身

    10月16日 10:57

  7. 7

    「人気アイスは64円」急成長のシャトレーゼを待ち受ける3つのリスク

    PRESIDENT Online

    10月16日 15:51

  8. 8

    甘利さんにあまりエールを送りたくはないが、この選挙区調整は芸術的ですらある

    早川忠孝

    10月16日 17:23

  9. 9

    新型コロナワクチン接種完了から“8カ月後も重症化防ぐ”有効性を確認 米研究

    ABEMA TIMES

    10月16日 15:32

  10. 10

    アートにコスプレ、古代史まで…女性の趣味を荒らす“上から目線な男たち”

    女性自身

    10月16日 09:47

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。