記事

オイルショックが日本を飲み込む日

1/3
中東に於ける地政学的リスクが増大している。誠に以て深刻な状況である事は疑いの余地がない。

政府は現状を理解し、最悪の場合を想定して対策を講じているのであろうか?とてもそうは思えない。それが問題である。

チュニジアの貧しい青年による焼身自殺は、共感する民衆によりジャスミン革命となり、政権は崩壊に追い込まれた。

チュニジアだけでは収まらなかった。反政府運動の火は中東全体に燃え広がり、長きに渡り中東を代表する親米政権として栄華を誇ったエジプトのムバラク大統領を退陣に追い込んだ。

リビアは更に悲惨で、カダフィ大佐率いる政府軍と反政府軍の内戦を経て国連軍による軍事行動に迄エスカレートしている。

国連軍による軍事行動を仮に中途半端な段階で終結すれば(早い話カダフィ大佐が未だ生きているのに攻撃を終了)反政府運動家達への徹底した弾圧、殺戮は必至であり、カダフィ大佐の絶命が確認される迄国連軍による軍事介入は継続される筈である。

イラク、サダムフセインの例を思い出して戴ければ理解は早いかも知れない。

リビアの後を追いかけているのがシリアである。BBCが報じる所では

デモはダラアで、ダマスカス郊外、北西部バニヤスで多数の国民が集結し、最大級の規模となった。南部サナメインで治安部隊がデモ隊に発砲し、多くがが死亡した模様。シリア政府は24日に、1963年から継続している非常事態令解除の検討や、政党結成や報道の自由の保障、デモで拘束された活動家の釈放、公務員給与引き上げなどの改革案を発表、国民の不満を抑えようとした。しかし、これでは不十分であり、早期の事態収拾は困難な状況となっている。 これに対し、国連事務総長、アメリカ、ホワイトハウススポークスマンは遺憾の意を表明。


正に、シリアはリビアの辿った道を一直線と言う所ではないか。

この動乱を受け、シリアの通貨の下落が止まらない。野口氏が指摘する通りシリアの行く末を悲観して資金が流出しているのは間違いない。

そしてこのシリアの後を追う事を既に確実視されているのがイエメンである。政府は既に殆ど脳死状態の様子だし、元々大した人気も、カリスマ性もないサレハ大統領がここまで持ちこたえたのがそもそもの話として不思議である。

原油輸入の90%を中東に依存する日本に取っての最大リスクは、原油の供給が途絶える事。次いで供給は継続されるが価格が暴騰し経済破綻に追い込まれる事である。

原油先物市場は今回の中東動乱をどの様に観ているのだろうか?言うまでもなく、商品先物市場には利鞘を求め巨額の資金が流入する。そして、売り買いの判断基準は飽く迄将来に対する思惑である。

WTI原油先物のチャートを観てみよう。

画像を見る


矢張り、じりじりと上値を切り上げている。このチャートを観る限り何か大きな事件が起きれば吹き上がる事確実ではないか?

一方、石油鉱区の権利を持ち仮に原油が値上がりすれば、濡れ手に粟で巨額の利益を享受する事確実な帝国石油の株価はどうだろう?

トピックス

ランキング

  1. 1

    コロナとN国で紅白歌合戦ピンチ

    渡邉裕二

  2. 2

    上場企業レナウン倒産に業界激震

    大関暁夫

  3. 3

    朝日の言論サイト「論座」で誤報

    やまもといちろう

  4. 4

    五輪中止は決定済み? 記事に驚き

    天木直人

  5. 5

    ブルーインパルス飛行批判に落胆

    かさこ

  6. 6

    長嶋茂雄に激怒 元選手語る事件

    幻冬舎plus

  7. 7

    ひろゆき氏がテラハ問題に言及

    ABEMA TIMES

  8. 8

    PCR至上主義は幻想 韓国で露呈

    中村ゆきつぐ

  9. 9

    石破氏 誹謗中傷はTV局にも責任

    石破茂

  10. 10

    河井夫妻支えた安倍首相の思惑は

    猪野 亨

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。