記事

覚せい剤で、清原容疑者逮捕

一昨日2日に、警視庁は、港区の自宅マンションで、覚せい剤を所持していたとして、覚せい剤取締法違反(所持)の疑いで、元プロ野球選手の清原和博容疑者を、現行犯逮捕しました。

覚せい剤は、使用するために持っていた、と容疑を認めている、ということです。プロ野球で、あれだけ活躍した元選手の覚せい剤による逮捕は、残念としか言いようがありません。

薬物捜査の関係者によると、数年前から、清原容疑者の薬物疑惑が浮上していて、2014年3月には、週刊文春が報じています。

警視庁では、1年ほど前から、薬物捜査が専門の組織犯罪対策5課が、内偵捜査を本格化させていた、と報じられています。現役を引退した後、タレント活動もしていましたが、目標を失い、離婚などのこともあった、ということですが、心の弱さ、としか思えません。相談する、話をする友人などがいなかったこともあるのかと思います。

PL学園で一緒だった桑田真澄さんの話によると、いろいろ忠告もしてきたが、3年ほど前に、もう関わらないでほしい、と言われた、ということです。

プロ野球選手は、子どもたちの憧れで、影響力も大きいので、どこかで踏みとどまれなかったのかと思います。

野球賭博の問題もあった後で、キャンプが始まったばかりのプロ野球界にも、大きな衝撃が走っています。これまでも、江夏元選手のように、罪を犯してしまったが、立ち直っている人もいるので、そうなってほしいと思います。

薬物に関しては、日本では、まだまだ認識が足りないと思います。厚生労働副大臣、大臣をしていた時にも、知ってもらうためのVTRを作ったりしましたが、学校教育などでも、もっと取り入れる必要があると思います。

覚せい剤で検挙された件数、人数ともに、少しずつ減ってはいますが、平成25(2013)年には、15232人が、検挙されています。

10代、20代の青少年が多かったものが、2013年には、40歳以上の中高年が52%と、半数以上を占めています。国内の薬物事件での摘発では、覚せい剤が、全体の8割超になっています。

また、暴力団関係者が関与している比率が高くなっていて、資金源になっていることも問題です。

清原容疑者の入手先も、これから明らかにされていくでしょう。

覚せい剤では、再犯率が高く、6割以上が再犯です。子どもの頃から、覚せい剤などの薬物の怖さを教えていく必要があると思います。

あわせて読みたい

「清原和博」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    菅首相に見る本読まない人の特徴

    山内康一

  2. 2

    パワハラ原因?オスカー崩壊危機

    渡邉裕二

  3. 3

    公選法に抵触 毎日新聞の終わり

    青山まさゆき

  4. 4

    伊藤容疑者 事務所破産の可能性

    SmartFLASH

  5. 5

    感染防ぐ日本人 生活習慣にカギ

    中村ゆきつぐ

  6. 6

    任命拒否めぐる菅首相の迷走ぶり

    大串博志

  7. 7

    誤報も主張曲げぬ毎日新聞に呆れ

    木走正水(きばしりまさみず)

  8. 8

    橋下氏 毎日新聞のご飯論法指摘

    橋下徹

  9. 9

    進次郎氏の発言に専門家「軽率」

    女性自身

  10. 10

    都構想反対派が自壊 主張に疑問

    青山まさゆき

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。