記事

誰かを庇っている限り更生は無理なんだが、本当のことは言わないことにしているのだろうな

何としてもご本人の立ち直りに力を貸してあげたいのだが、無理だろうな、と思っている。

親しい人たちに自分とはこれ以上関わり合いにならないでくれ、と言ったようだから、ご本人はどうしようもないところまで来ていたのだろう。

弁護士としても難しいところである。
助けたいのはやまやまなのだが、関係者からの依頼がなければ動けない。
仮に弁護人を引き受けても、ご本人が本当のことは言わないことに決めてしまっていると、無理に口をこじ開けて本当のことを言わせるわけにもいかなくなる。

頼まれもしないのに、マスコミの取材を24時間受け付けます、などと変な書き込みをした法律事務所があるそうだが、弁護人でもないのに何を言うつもりだったのか。

清原氏の覚せい剤所持事件の弁護は、なかなか難しい。
ご本人の立ち直り、生活の再建のためには、まずは洗い浚い本当のことを語ってもらわなければならないのだが、薬物依存に陥った人が入手先を洗い浚い語るなどということはまず期待出来ない。
薬物依存になるまでの期間が長ければ長くなるほど難しい。

もっと早く助けて上げればよかったのに、と思うが、警察当局が本人を泳がせておく期間が長過ぎたようだ。
薬物に手を出した時に止めておくことが出来たら、生活の破綻も人格の破綻も来さないで済んだかも知れないが、どうにも遅過ぎた。
反社勢力の手の中に相変わらずいるのだったら、残念ながら普通の弁護士では手が出せない。

それでも、何とかしてあの泥沼から救い出したいと思っている。

いい弁護人が付いてくれるのをひたすら祈っている。

あわせて読みたい

「清原和博」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ジャニーズ 戦略誤り厳しい局面

    大関暁夫

  2. 2

    大川長男 脱会原因は清水富美加

    文春オンライン

  3. 3

    わいせつ問われた医師に無罪判決

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    肉食べるな 配慮押し付ける社会

    文春オンライン

  5. 5

    トヨタの中条あやみCMは大正解

    永江一石

  6. 6

    医師わいせつ裁判の弁護士に疑問

    猪野 亨

  7. 7

    橋下氏「高野連の言い訳許すな」

    橋下徹

  8. 8

    不正統計巡る野党の追及は筋違い

    木走正水(きばしりまさみず)

  9. 9

    小室さん 7月合格で一気に結婚か

    NEWSポストセブン

  10. 10

    働き心地悪さで自滅するメディア

    常見陽平

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。