記事

会社員が孤独に強くなった方がいいと思うワケ。

会社を辞めて1人で仕事をするようになって、この秋で12年になる。起業というのではなく、個人事業主だし、朝から晩まで家族以外と接触がないような日もある。

孤独と言えばそうかもしれないが、1人で考えることは苦にならない。というか、そうでもなければこんな仕事の仕方は無理だろう。

一方で、会社員が孤独な状況に追い詰められることは少ない。「孤独感」はあるかもしれないが、絶対的な孤独とは異なる。つまり、ゼロから考えて、一つの成果を出して、それを人に問うておカネを頂くというプロセスをすべて1人で行うということはない。あっても、相当に稀だと思う。だからこそ、会社組織が存在する。

ただし、これからの会社員は孤独な状況に強くならなきゃいけないし、既に求められていると思うのだ。

昨年とある企業に提案して、「ひたすらで考える」研修をおこなった。グループワークではない。金曜の午後からスタートして、24時間でビジネス企画を仕上げるトレーニングだ。1つの課題に数人が考えるので、最後は「競合プレゼンテーション」のようになる。

30歳前後の社員を指名しておこなったが、相当きつくなるだろうなとは思った。中間で助言はあるものの、とにかく考えなくてはいけない。

単に「考える」ことと「考え抜く」ことの違いを分かってもらいたいと思った。それは「疑う」ことの絶対量の多さでもある。

どうして、「孤独に強くなる」ことが大切なのか?というと、逆風に強くなってほしいと思ったからだ。会社は順風の時には、みんなで神輿を担ぐようにワイワイと進む。

ところが、逆風の時は違う。神輿なんか放って、自分のことで精いっぱいになる。

こういう時に、組織を支えるのは自立できる人材だけだ。いつでも1人で完結できる人だけが、慌てずに仕事を前に進んでいく。自信があるから、逆風でも慌てない。

神輿を担ぐふりだけだったり、下手するとワッショイと掛け声だけの人はどうなるか?人の足を引っ張るのである。業績が悪化すると、当然社員の待遇も低下する。それを恐れて、妙な動きをするのだ。

ところが日本の会社員は逆風を知らない人が多かった。バブル崩壊や、同時多発テロ、金融危機など逆風の時を思い出すとよくわかる。順風しか知らない管理職は役に立たないどころか、妙なルールをつくる。超過勤務を制限したり経費を抑えたり、妙な営業ルールをつくる。つまり自立してないから、人の足を引っ張るようなことをするのだ。

いまは決して好景気とはいえないものの、2010年以降に大きな経済後退局面はない。つまり、このままだと逆風を知らない社員がジワジワ増えてくる一方で、逆風はいつか必ず来る。その時、慌てないためにも孤独に強くなって、自立できることは大切だと思う。

よく、経営者は孤独だという。そりゃそうだろう。もっとも、そうでもない人が経営者になると、人にチャレンジを強いたりするんだろうけど。

1人ひとりが経営者のつもりで、というフレーズを耳にすることあるが、だったらまずは孤独になれていくことが大切じゃないかと思ってる。

あわせて読みたい

「コミュニケーション」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    毎日が40億円超減資で中小企業に

    岸慶太

  2. 2

    森氏発言に見えた「五輪難しい」

    文春オンライン

  3. 3

    嬢告白 おっぱいクラスターの今

    文春オンライン

  4. 4

    プペルも? 泣くための映画に疑問

    かさこ

  5. 5

    菅首相 イエスマンだらけの失策

    毒蝮三太夫

  6. 6

    医療整備に腹くくれない首長たち

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    菅首相「あとは実行あるのみ」

    菅義偉

  8. 8

    鼻出しマスク失格は明らかに不当

    青山まさゆき

  9. 9

    全米ライフル協会 なぜ破産申請?

    SmartFLASH

  10. 10

    米を襲う変異株 ロスは壊滅的に

    飯田香織

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。