記事

高齢化社会とクソババア 死語が生まれる日

画像を見る

BLOGOSでクソババアという言葉を見かけた。考えさせられた。

この言葉、そのうち死語になるのではないだろうか?実はこの言葉は何も言っていないのと一緒ではないだろうか?

まず、「クソ」という言葉について。英語で言うと、shitだ。上品な言葉ではなく、読むだけで、こうして書いているだけで嫌な気分になるものだが、人は誰でも排泄をする。排泄は生命がもたらした発明のひとつであり、古きものを取り除き、新しきものに道を譲るのである。「クソ」と言ったところで、それは誰にでも共通のものであり、特定の人を差別・区別、誹謗中傷していそうで、実は誰でもする行為であり、何ら危険性はない。

さらに言うならば「うんこ」と言った方が少しは上品だ。Twitterで「ウンコ食ってろ」ともう6年くらい叫んでいる中川淳一郎は、上品である。

次にババアについて。言うまでもなく、高齢化社会である。ババアが高齢の女性を指すのなら、別にそれは社会にとって珍しい存在ではない。むしろ、ババアがマジョリティ(と言わないまでも、かなりのシェアを占める)という世の中に移行しつつある。

そういう意味でクソババアという言葉というのは、過激なフレーズのようで、実は何も言っていないような言い回しになっていくのではないか。

このクソババアだが、使うのには、本人のキャラと、批判する相手のキャラの相性があって、うまく、美しく使える人はなかなかいない。日本におけるクソババアの第一人者は毒蝮三太夫さんだろう。彼のキャラなら言っても許されるかなという空気はある(もっとも、以前、番組で真面目な女性から、その表現はあんまりだと反論されたという話を聞いたことがあるが、定かではない)。

高齢化社会は、このような罵り言葉も変えていくのかもしれない。「おい、クソババア」「わあ、クソジジイ、こんにちは」「年金も介護も不安ですなあ」「先行きくらいですなあ」くらいの社交辞令になることだろう。

ベック・ボガート&アピス
SMJ
2013-03-06


久々に、ベック・ボガート&アピスでも聴きたくなった。イニシャルがB・B&Aだ。ババアとも読める。音はいい感じだけどな。

あわせて読みたい

「高齢化」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    橋下氏 任命拒否の教授らに苦言

    橋下徹

  2. 2

    田原氏 野党は安易な反対やめよ

    たかまつなな

  3. 3

    iPhone12かProか...売り場で苦悩

    常見陽平

  4. 4

    コロナ巡るデマ報道を医師が指摘

    名月論

  5. 5

    コロナ禍も国内工場は異常な強さ

    PRESIDENT Online

  6. 6

    学術会議に深入りしない河野大臣

    早川忠孝

  7. 7

    感染リスク高い5つの場面に注意

    赤池 まさあき

  8. 8

    数字を捏造 都構想反対派の欺瞞

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  9. 9

    トランプ氏 逆転攻撃はほぼ不発

    WEDGE Infinity

  10. 10

    学生転落 巻き添えの女性が死亡

    ABEMA TIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。