記事

甘利大臣側の実態

甘利前大臣の事務所と、UR都市機構との「口利き」疑惑に関するやり取りの概要が今日、UR都市機構から公表されました。

甘利事務所とUR都市機構との接触は12回に及び、それぞれの際に、事業に関して具体的な話が交わされていた実態が浮き彫りになりました。

UR都市機構側は、「甘利事務所から『口利き』はなかった」と言います。しかしその意味するところは、すなわち「甘利事務所から求められて、URとして通常は行わないようカネの上積みはしていませんよ」ということだと思います。

資料を見ていると、確かに甘利事務所からのあっせんを受けて、UR都市機構側は、通常は行わないような補償金を払ったような事実関係は今のところ見出せません。

しかし今問題となっている、あっせん利得罪が甘利前大臣側に成立するか否かは、甘利前大臣側からのあっせんを受けて、UR都市機構が実際に通常より高い補償金を支払ったか否か、すなわち結果は関係ありません。あっせん利得罪が成立するには、甘利前大臣側が他人から要請を受けてUR都市機構に対してあっせんを行ったか否か、その見返りにカネを受け取ったか否か、ということが鍵になるわけです。

今日の資料を見る限りにおいては、甘利事務所は12回にわたって本事案に関してUR都市機構にコンタクトを取り、この事案に関して問いただし続けていました。それによってUR都市機構の判断がゆがめられるということがなかったとしても、甘利事務所側からの「あっせん」があったことは資料からしても明白になったと思います。

そしてこのような、何度にもわたる甘利事務所の対応を、甘利氏自身が全く知らなかったということは考えづらいと思います。

記者会見において「秘書が」という説明で通した甘利氏。しかし、その次元にとどまる案件であるかは疑問です。

あわせて読みたい

「甘利明」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    在宅勤務で生産性低下した国は日本だけ? 背景に対面コミュニケーション依存の働き方

    非国民通信

    08月02日 15:12

  2. 2

    男性視聴者の眼福になっても女子選手が「肌露出多めのユニフォーム」を支持する理由

    PRESIDENT Online

    08月02日 15:27

  3. 3

    何をやっても批判される「老夫婦とロバ状態」の日本

    内藤忍

    08月02日 11:52

  4. 4

    コロナ軽視派「6月で感染者数減少」予想大ハズレも、重症者数が大事、死亡者数が大事とすり替え

    かさこ

    08月02日 10:29

  5. 5

    この1週間を凌げば、オリンピックが終わります。もうしばらく我慢しましょう

    早川忠孝

    08月02日 14:37

  6. 6

    「幻の開会式プラン」を報じた週刊文春が五輪組織委の"圧力"に負けずに済んだワケ

    PRESIDENT Online

    08月02日 10:36

  7. 7

    中国が支配するディストピア 香港の大量国外脱出「英国だけでも5年で最大83万人超」予測

    木村正人

    08月02日 18:29

  8. 8

    森林大国ニッポンが木材不足のナゾ ウッドショックは林業に変革をもたらすか

    中川寛子

    08月03日 08:07

  9. 9

    橋下徹氏 五輪をやると国民の行動制限が効かなくなることを想定していなかったのか

    橋下徹

    08月02日 16:48

  10. 10

    ワクチンの効果が着実に出ている中での一律の行動自粛要請は不適切

    岩屋毅

    08月02日 11:28

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。