記事

「TomorrowLand」や「Electric Zoo」への影響は? EDMフェス運営の大手、SFX Entertainmentが倒産

リンク先を見る

2016年のEDMにどんな影響をあたえるのでしょうか? 

ダンスミュージックのイベント・プロモーションを手掛ける大手「SFX Entertainment」が倒産しました。SFXは世界的なEDMブームを後押ししてきたプロモーション会社の一つで、大型EDMフェス「Tomorrowland」や「TomorrowWorld」、「Sensation」、「Electric Zoo」、「Stereosonic」、オンラインストアの「Beatport」を運営してきました。

SFXが抱えていた3億ドル以上の負債を清算し、非上場企業として運営を続けるつもりで同社は解決策を模索してきました。昨年から経営体制が不安視され株価も下がる中、債務支払いが怠るなどした結果、破産申請を行う事となりました。

今後は、新しいCEOが現在のCEOで創業者のロバート・シラーマン(Robert F.X. Sillerman)の後継者として就任します。SFXは3億ドルの債務をバランスシートから帳消しにする代わりに、社債権者による債務の株式化に同意したと報告されています。

SFXの事業は今後もこれまでと変わらずに継続となる予定で、6カ月以内の再編を目指します。

2012年に活動を開始したSFXは、EDMの人気増加に伴い事業を拡大させ、ライバルのイベントプロモーション会社「ライブ・ネイション」と競いながら、エレクトロニックミュージックのイベントに特化したプロモーション事業を展開してきました。

SFXは成長の戦略として、プロモーション会社の買収を積極的に行い、これまでも「Disco Productions」や「Electric Zoo」の運営会社Made Eventを買収、また「Stereosonic」を運営するオーストラリアのTotem OneLoveなど海外のEDMフェスにも手を伸ばします。

そして2013年には、世界最大のEDMフェスの一つ「TomorrowLand」を運営するオランダのイベントプロダクション「ID&T」を買収して、世界規模のフェスブランドを手に入れます。さらにSFXはTomorrowLandのアメリカ版として「TomorrowWorld」を2013年から開始するなど、10万人以上の動員数を生み出すフェスを世界で作ってきた、EDMの世界で最も影響力のある企業の一つでした。

ソース
Electronic Music Industry Leader SFX Files For Bankruptcy(Forbes)
SFX Entertainment Files for Chapter 11 Bankruptcy(WSJ)

あわせて読みたい

「音楽フェス」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    法相辞任 文政権は崩壊に向かう?

    早川忠孝

  2. 2

    バレーのジャニ依存 海外で批判

    WEDGE Infinity

  3. 3

    韓国法相辞任で文政権崩壊はない

    文春オンライン

  4. 4

    韓国法相辞任 反日弱まる可能性

    文春オンライン

  5. 5

    旧民主の悪夢 八ッ場ダムに脚光

    早川忠孝

  6. 6

    少女像以外も政治的なあいトリ

    紙屋高雪

  7. 7

    元政務官「今井議員の仕事見て」

    山下雄平

  8. 8

    ラグビー主将が忘れぬ日本の募金

    文春オンライン

  9. 9

    台風19号 タワマン断水続き悲鳴

    文春オンライン

  10. 10

    教師間いじめ 評価高い加害教諭

    非国民通信

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。