記事

「出会い系」に翻弄される21世紀のゲイたち - かずかず / フリーランス・エッセイスト

3/4

よくある恋愛 vs ゲイアプリを使ったゲイの恋愛

ここで、よくある恋愛プロセスと、ゲイアプリを使った恋愛プロセスを比較します。

よくある恋愛プロセス

画像を見る

1.Meet him/her

まず、あなたが所属するコミュニティ(学校・会社など、参加とコミットがある程度強制されるもの)で誰かと出会います。

2.Commit to activity

そのコミュニティの掲げる目的の達成に向かって活動することで、相手のいい点も悪い点も知っていきます。

3.Know each other

関係が悪くなっても、会わなくてはいけません。彼/彼女の悪い点を受け入れる時間があり、それを補完する良い点があるという考えに至る時間もあります。

このようにコミュニティの中で行われる恋愛では、多くの場合お互いの悪い部分を付き合う前に受け入れることになります。

ゲイアプリを使ったゲイの恋愛プロセス

一方、ゲイアプリを使った恋愛プロセスはどうでしょうか。

画像を見る

1.Tap him

気になる男性のサムネイルをタップします。

2.Meet him

会います(アプリ上で知り合ったゲイ男性と会うことをゲイの間では「リアル」と言います)。

3.Continue him / Finish him

気に入れば続けて、気に入らなければ切り捨てます。

このように、21世紀初頭のゲイアプリを使ったゲイの恋愛プロセスは非常にシンプルかつ、スピーディーです。

3回目のデートで告白するのがちょうどいいという定説は、異性愛者間でもゲイ男性間でも同じです。しかし異性愛者間では、所属するコミュニティの活動を通してお互いをある程度知っていることが前提とされていますが、ゲイ男性間ではそれがないため、短期間の中でお互いの多くの(良い)部分を知ってもらおうと、必死になってしまいます。

では、ゲイのこのようなスピーディーな恋愛プロセスは、いったいどのように「疲れ」をもたらすのでしょうか。これを、ゲイ特有の人間関係の特徴を用いて説明していきます。

ゲイ同士の人間関係の特徴

FacebookやTwitterなど、人と人をつなぐSNSは世の中に数多くあり、それらも人々のつながり方を大きく変えました。しかし、Jack’dをはじめとするゲイアプリがもたらしたつながり方は、こうしたSNSとは以下の二点で決定的に異なります。

(1)人生の文脈外の人と出会う。

(2)関係が直線的である。

画像を見る

(1)ゲイアプリは、現実において今まで全く無関係だった二人を結びます。図のように、AさんにはAさんが所属している社会があり、BさんにはBさんが所属している社会があります。製薬会社で研究員として働いている薬師丸研さんと、工事現場の作業員である鋸木つくるさんは、たとえ同じ地域に住んでいたとしても、知り合いになる確率(特にゲイとして知り合う確率)は0に近いでしょう。

人付き合いの多くは所属している社会やコミュニティを基に始まるので、お互いが認識する共通の知人がいない人と親しくなるなんてことは、パンをくわえながら走って曲がり角にさしかからない限り、そうそうないものです。しかもその人がゲイ男性である確率なんて言ったら、本当に天文学的です。しかしゲイアプリは、本来なら一生出会い得ないような、自分が歩んできた人生とは全く無関係の人との出会いをもたらします。

画像を見る

(2)そして、ゲイアプリがもたらす人間関係は直線的です。従来の人間関係は、人と人が様々なもので結ばれた多角形的なものでした。まず、共通の友人や知人など第三者によって結ばれています。また、二人が会社で働く同僚であれば、会社の達成すべき目的によっても結ばれています。さらに、その活動を通してお互いの共通点を発見することで、お互いを繋ぎ留める要素は増えていきます。しかし、ゲイアプリによる人間関係の場合、AさんとBさんを繋ぎ留めているものはお互いのお互いに対する興味のみであり、関係が直線的です。

「切り捨て可能性」

ゲイアプリに対して多くのゲイ男性が感じている「疲れ」の大きな原因は、この(1)人生の文脈外の人との出会い、(2)直線的な関係性という出会い方の特徴によってもたらされます。何故なら、この二つによって「切り捨て可能性」が生まれるからです。

「切り捨て可能性」とは、関係の断ちやすさのことです。ゲイアプリによって生まれる人間関係の切り捨て可能性は多くの場合100%です。相手は、(1)人生の文脈外の人物なので、切り捨てても本来の生活に一切支障をきたさず、また、(2)彼とのつながりが非常に直線的であるために、片一方が興味をなくした時、お互いを結ぶものがなくなってしまいます。なので、僕たちは関係の修復の余地を残さずに、簡単に互いを切り捨ててしまいます。

切り捨て可能性の高さは、ゲイ男性同士の社交を不必要なものにしています。一回リアルして「なんとなく違うな」と思った場合は、その人をゲイアプリ上でブロックすれば関係が終わるので、その人に愛想良くしたり礼儀正しく振舞ったりするモチベーションが発生しなくなります。お互い全く別の人生を生きてきているので、切り捨てたあと、お互いの人生に全く影響を及ぼしません。出会いをなかったことにして、翌朝何食わぬ顔で通勤電車に揺られるのです。

また、多くのゲイ男性が可視化され、その中の誰にでもアクセスできる状況が、切り捨てる行為自体を促進しています。ゲイ男性がアプリによって可視化される以前は、ゲイであるということの「希少価値」があり、お互いがゲイであるというだけで仲良くしておくべき理由になっていました。しかし現在では、あるゲイ男性との関係が悪くなっても別のゲイ男性が沢山いるので、その人とこれ以上関係を保っていくモチベーションが発生しません。

さらに、相手が人生の文脈外にいることによって、実際には切り捨てられていないのに、切り捨てられたと感じてしまうことがあります。出会いの初期段階では、彼が彼の人生において今どんなフェーズにあるのか、どんな人柄なのか、知り得ません。仕事でとても忙しい人なのかもしれないし、そもそも連絡不精なのかもしれない。それゆえ彼からの連絡が少しでも遅くなると被害妄想になり、これが相手からの切り捨てであると確定する前に、自分から切り捨ててしまうケースが非常に多く見受けられます。

あわせて読みたい

「LGBT」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「ユニクロ=格好いい」ブランドに 英国ファッション業界で広がる人気

    小林恭子

    09月28日 11:51

  2. 2

    中国との戦略的競争を急激に進める米 新総理総裁はどう対応すべきか

    長島昭久

    09月28日 14:44

  3. 3

    【店アプリ】かっぱ寿司を救いたい!マクドナルドなどの外食チェーンならどうしたか?

    後藤文俊

    09月28日 11:41

  4. 4

    オンライン授業でレポートの精度が向上 大学准教授が推測する背景とは

    BLOGOS編集部

    09月28日 11:06

  5. 5

    麻生太郎氏が恐れる「河野家への大政奉還」 総裁選後に麻生派空中分解も

    NEWSポストセブン

    09月28日 09:09

  6. 6

    東スポが 1週間限定の〝超ゲリラ採用〟 社員は「就職して大丈夫なのか?」と自虐的

    BLOGOS しらべる部

    09月28日 17:19

  7. 7

    免停無免許当て逃げ・居座り都議へ二度目の辞職勧告決議(怒)

    上田令子(東京都議会議員江戸川区選出)

    09月28日 18:19

  8. 8

    小室圭さん 結婚決定で開き直り?会見拒否で眞子さま単独釈明の現実味

    女性自身

    09月28日 09:22

  9. 9

    iPhone12 ProMaxからiPhone13 ProMaxに買い替えた結果

    永江一石

    09月27日 14:35

  10. 10

    まだゼロコロナを目指す?行動制限の緩和に消極的な知事らに医師が苦言

    中村ゆきつぐ

    09月28日 08:14

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。