記事

無政府状態のスペイン 若者が政治に絶望する - 宮下洋一

昨年12月20日、スペイン総選挙が行われ、即日投開票(73・2%)の結果、マリアノ・ラホイ首相率いる国民党(PP)が得票率28・7%で123議席(定数350議席)を獲得し、第1党を堅守した。第2党は、ペドロ・サンチェス書記長の野党・社会労働党(PSOE)で、同22%で90議席と伸び悩んだ。しかし、総選挙から1カ月以上が経った現在でも、政権発足の兆しは見えず、6月まで無政府状態となる可能性が出てきた。

 ラホイ暫定首相は、総選挙後、「結果はわれわれの勝利で、安定した政府を引っ張るのは国民党が望ましい」と続投への意欲を示した。だが、そのためには、民主主義政治始まって以来、初めてとなる連立政権を強いられることになりそうだ。

2大政党体制の限界

 スペインは、1976年のフランコ独裁政権倒壊以降、PPとPSOEによる2大政党間の綱引きが続いた。アスナル元首相が政権に就いた96年を除き、合計11回行われた総選挙では、PPかPSOEいずれかの政党が過半数議席を勝ち取り、政権を握るのが伝統とされてきた。

 だが08年、スペインのバブルが崩壊し、11年に世界金融・経済危機が訪れると、2大政党体制の限界が囁かれるようになった。

 史上最悪と呼ばれた経済危機の頃、スペインは失業率が24%、特に16〜24歳までの若年層失業率は53%に達するという深刻な状況が発生した。職もなく家賃も払えない人々が相次ぎ、警察から立ち退きを強いられる家族も続出。町中ではホームレスが目立ち、売春行為を働く大学生や、ドイツやイギリスに出稼ぎに行くスペイン人が急増した。

 同国紙ラバングアルディアのセレステ・ロペス政治記者は昨年5月、経済危機以降の打撃をこう分析していた。

 「経済は回復してきたが、数年先の未来を若者たちは期待していない。政治家、企業、銀行を信用していないからだ。彼らは、将来、両親よりも低い収入を稼ぎ、退職後の生活は楽しくならないことを知っている」

 なぜ、若者たちは、生活に対する希望や意欲を失ってしまったのか。それは、約40年間に亘って続いてきた2大政党による腐敗・汚職政治で、社会の改善は望めないと信じていたからだった。

新興2政党の登場

 生きる力を失いかけていた国民を前に息を吹き込んだのが、反緊縮を掲げる左派ポデモスと、改革路線を提唱する中道シウダダノスの新興2政党だった。

 「我々は可能」を意味するポデモスは今回の総選挙で、69議席を獲得し、第3党に躍り出た。14年1月に結党したばかりの政党が、わずか2年足らずの間に、左派諸政党とPSOE支持者の票を一気にかき集めたのだ。

 パブロ・イグレシアス党首は、腐敗した社会から市民権を取り戻すことや、カタルーニャ独立を推進するなど、不可能を可能に変える政策を打ち出した。

 一方、「市民」を名乗るシウダダノスのアルベール・リベラ党首は、自らがカタルーニャ出身だが、独立に断固反対し、統一スペインの理念を主張し続けた。弱冠36歳の党首は、2大政党の汚職政治を一掃させ、改革路線を公約してきたが、議席数が40と予想を大きく下回った。

 ポデモスとシウダダノスの新興2政党が生まれ、政権発足が遅延する中、以下3つの連立が最大候補に挙っている。

 1)PPとPSOE

 2)PPとPSOEとシウダダノス

 3)PSOEとポデモスとシウダダノス

 しかし、1)と2)においては、長年の宿敵同士の連立はあり得ないとし、政党内部や国民の批判が相次いでいる。PSOE内では、サンチェス党首の辞任さえ求める声も上がった。

 ルイス・デ・ギンドス経済相は、「政権発足に時間がかかることは良いが、経済政策の面で不安材料なのは、過激な政党が(連立政権に)加わることだ」と指摘。事実上、ポデモスの存在を否定した。

 ラホイ首相が11年に就任してから、スペイン経済はマイナス成長を続けたが、この窮地を脱出し、14年には1・4%、15年には3%台まで取り戻した。PSOEが4年ぶりに政権を奪取すれば、経済効果に歯止めがかかると危惧する財界人も多い。

 失業手当や親の年金だけで生活する国民を始め、月給663ユーロ(約8万5000円)以下の貧困層と呼ばれる国民のおよそ29%は、腐敗しきった2大政党に牙を剥けている。彼らは、新興政党との連立による新政権で、汚職撲滅こそが急務だと考えている。

 ひとつの国に多様な言語・文化・歴史が混在する地方色豊かなスペインで、首相が4年間、任務を遂行するのは容易ではない。国民は、投票の選択肢が少なかった2大政党時代が幕を閉じた今、連立を含めた新しい政治時代の到来を待ち構えている。しかし、決着までもうしばらく時間がかかりそうだ。

あわせて読みたい

「スペイン」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    宗男氏 野党の新内閣批判に反論

    鈴木宗男

  2. 2

    枝野氏のデジタル化批判は的外れ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  3. 3

    半沢の元ネタ 大臣は前原誠司氏

    SmartFLASH

  4. 4

    三原氏が厚労副大臣 衝撃の人事

    藤田孝典

  5. 5

    長官は民間に…平井IT大臣が吐露

    ABEMA TIMES

  6. 6

    携帯会社への懲罰? 値下げに疑問

    おくの総一郎

  7. 7

    サイゼでバイトする星付きシェフ

    PRESIDENT Online

  8. 8

    毒メシをやめて成績UP? 医師苦言

    中村ゆきつぐ

  9. 9

    マツコ東京疲れ 田舎へ憧れ語る

    SmartFLASH

  10. 10

    マスクで重症化予防説 医師解説

    中村ゆきつぐ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。