記事

政界捜査の一つの在り方

政治とカネの問題が浮かび上がる度に、「この事件の見通しは?」としばしば尋ねられます。

かつて私は東京地検特捜部の副部長などとして、いくつもの政界捜査をしてきたので、専門家としての見立てを求められるのです。

そうした捜査で大事なことは、事実(fact)と評価をハッキリ分け、峻別しなければならないということです。

要は、評価というのは、事実を確定しなければできないということであり、そのためには、まずは、証拠に基づいて、「事実・真実は何か」を確定するということです。

事実が固まる前に、評価を先行させると、誤ったその評価に引きづられ、正しくない事実が「事実・真相」として一人歩きを始め、ひいては、誤った評価がいかにも正しい評価のごとく固定化してしまいます。

よく言われるように、先入観や予断・偏見をもって事実を見るのは、間違いのもとです。

かつて、若手検事に、取調べに関する指導をする際、私が、「まずは、事実を聞け、事実を聞け」と強調していたのも、そういう趣旨からです。

何はともあれ、まず、事実を固める。

憶測や不確かな事実から判断してはならない。

事実が確定しない状況では、軽々に評価をしてはいけない。

事実 → 評価 という二段階構えの姿勢を絶えず忘れてはいけない。

週刊誌の調査・記事のみに基づいて事実が決まるわけでも、ましてや、罪が決まるわけでもないからです。

この事実と評価を厳然と分けて頭を整理するという手法は、実は、何も捜査だけではなく、一般社会における様々な場面で、例えば、会社不祥事についての調査、部下の評価などなど、いろいろな局面でも使えるものだと思います。

あわせて読みたい

「政治」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ベガルタ選手 交際相手DVで逮捕

    SmartFLASH

  2. 2

    淡々とデマ正した毎日新聞は貴重

    文春オンライン

  3. 3

    学術会議の任命拒否 説明は困難

    非国民通信

  4. 4

    ウイグル弾圧をルポ 朝日に評価

    BLOGOS しらべる部

  5. 5

    岸防衛相の長男 フジ退社で衝撃

    文春オンライン

  6. 6

    米山元知事が橋下氏の煽動に苦言

    SmartFLASH

  7. 7

    GACKT お金と違い時間は戻らない

    かさこ

  8. 8

    高齢者は貯蓄 現金給付改善せよ

    永江一石

  9. 9

    「特攻」冬の発熱対応に医師嘆き

    中村ゆきつぐ

  10. 10

    コロナで潰れる「強みのない店」

    中川寛子

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。