記事

日銀、未だにトリクルダウン信仰の目が覚めず

日銀のマイナス金利導入は未だにトリクルダウン信仰を継続している証しに過ぎない。
安倍政権の御用新聞・産経新聞が「異次元緩和 再び活性化」という見出しで解説しているが、図らずもこう書いている、「金融緩和による円安・株高効果はかつてほどではないし、企業収益増に伴って富が賃金面に滴り落ちる『トリクルダウン』も『ちょろちょろとしている』(浜田宏一内閣官房参与)」。
だからマイナス金利で「再び活性化」すると言いたいらしい。

いくら金融緩和を進めても、「トリクルダウンはない」という結論は、一時はアベノミクスに幻惑されて、評価する
ミスを犯したクルーグマンもスティグリッツもトマ・ピケティも、最近では認めていることだ。
竹中平蔵も、わしの目の前で「トリクルダウンに期待する方がおかしい」とまで言ってのけた。

それなのに、日銀はマイナス金利で、銀行が企業に貸し出しをせざるをえなくなり、企業は資金を借りて設備投資や賃上げをし、景気の好循環が実現すると、またまたトリクルダウン信仰の継続である。
そりゃあそうだろう。アベノミクスにとってトリクルダウンがないということになれば、異次元緩和をやった意味がない。

だが銀行は日銀の当座預金に預けても損するだけだから、企業に貸し出すしかないと思ったところで、企業の側が設備投資をする自信がないから借りたくはない。
むしろ金融機関の収益が悪化する危険も考えられる。
奇策を出せば、一瞬、株価が上がるだろうが、相場の乱高下で投機家を喜ばせるだけで終わる。

結局、日銀ももはや手詰まりで、追い込まれた果ての奇策なのだ。
一体どうなってしまうのかしらね?
「朝ナマ」でも、あんなにアベノミクスを応援したのにね。

あわせて読みたい

「金融緩和」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    菅直人・元総理から維新へ突然の宣戦布告!とりあえずその勘違いを正す

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    01月20日 09:29

  2. 2

    コロナ問題の整理 あくまで感染症は致死率で考えよう

    中村ゆきつぐ

    01月20日 09:14

  3. 3

    「こんなの三越じゃない」11期連続赤字の地方店が仕掛けた"前代未聞のデパ地下"の狙い

    PRESIDENT Online

    01月20日 09:00

  4. 4

    <『M-1』の漫才論争>オズワルドの錦鯉に対する敗北が、『M-1』を競技漫才化させる理由

    メディアゴン

    01月20日 09:40

  5. 5

    西村知美 心の叫び綴った娘の日記をテレビで暴露も「ゾッとする」「可哀想」と物議

    女性自身

    01月20日 16:15

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。