記事

がんばれ山響親方――盛り上がりを見せる大相撲

先週、琴奨菊が一月場所において、日本出身力士として10年ぶりの優勝を飾りました。大相撲が近ごろ盛り上がりをみせています。たしかに最近の相撲は、観ていてなかなか面白い。「大相撲の発展を求める議員連盟」会長として、私も最近の状況をとても嬉しく思っています(この超党派の議連もどんどん人数は増え、今では80名近くの会員がおります)。


私は千秋楽の日に、山響部屋の千秋楽パーティに出席してきました。山響親方は、亡くなられた北の湖親方の後を継いで、昨年の11月に山響部屋を立ち上げられたところです。北の湖親方の遺志を継いで今後もますます部屋を盛り立てていって欲しい、と私も励ましの言葉を送りました。

北の湖親方といえば、「憎たらしいほど強い」とまで言われた名横綱でした。顔つきや土俵上での態度から、一般には悪役のようなイメージをもたれていた向きもありますが、その内面の優しさ、誠実な心意気は、関係者ならば誰もが高く評価していたものです。

北の湖部屋、今の山響部屋には大露羅(オーロラ)という体重300kg近い超重量力士がいます。相撲の番付はなかなか上ってはきませんが、北の湖親方はずっと部屋において見守ってあげておられました。「努力する姿が大事だ」と言っておられたのを覚えています。力士は、相撲の世界から一歩外に出ると、なかなか一般社会の中で仕事を見つけるのが難しい。北の湖親方はそういう状況をよく理解されており、力士には大相撲の世界で居場所を作ってやるのが大事だ、と言っておられました。弱い人間への配慮や目配りを忘れない、心優しい人だったのです。相撲は心技体のスポーツだと言われます。山響親方も、その心の部分も受け継ぎつつ、広い視野で、暖かく弟子を育てていってほしいと思います。

今年もたくさんの名勝負が生まれてくれることを期待しましょう。

あわせて読みたい

「大相撲」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    在日ドイツ人監督が見た「アフター『ザ・コーヴ』」和歌山県太地町のイルカ漁の今

    木下拓海

    04月12日 08:07

  2. 2

    小池都知事は若者からかけがえのない時を奪うのを止めろ

    青山まさゆき

    04月12日 22:14

  3. 3

    居住実態なく当選無効 スーパークレイジー君市議「徹底抗戦」

    ABEMA TIMES

    04月12日 20:58

  4. 4

    コロナ禍で難しくなった株式投資

    ヒロ

    04月12日 11:13

  5. 5

    メガソーラーが自然環境を破壊する?

    船田元

    04月12日 15:53

  6. 6

    「リモートワークはサボっているのと一緒」「会食を中止しない経営者」コロナで退職を決意した人々

    キャリコネニュース

    04月12日 09:16

  7. 7

    <NHK『クローズアップ現代』TBS『あさチャン!』終了>全ての報道情報番組は権力の外に立て

    メディアゴン

    04月12日 08:39

  8. 8

    物流倉庫の過酷な労働環境 Amazonの利用者が気にしない従業員の待遇

    非国民通信

    04月12日 18:56

  9. 9

    「これさえあれば何も怖くない」新たなスタートを切った加藤浩次、現在の心境を語る

    ABEMA TIMES

    04月12日 08:45

  10. 10

    コロナの影響はどの地方でも深刻

    大串博志

    04月12日 08:25

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。