記事

タカタ会長、車各社に辞意表明へ 支援要請と再建策提示も=関係筋

[東京 29日 ロイター] - エアバッグ部品による大規模リコール(回収・無償修理)問題への対応が問われる中、タカタ 7312.T の高田重久会長兼社長が29日に開く自動車メーカー各社との会合で、自らの辞任を含む経営陣の大幅刷新を表明する。同会合でタカタ側はリコール費用などについて各社からの支援を求めるとともに、事業再建策も提示する見通しだ。

タカタ製エアバッグ部品によるリコールは世界で5000万台超と史上最大規模に拡大しているが、最初のリコールから7年以上経っても根本原因は判明せず、リコールは増え続けている。

高田会長は昨年6月の会見で「問題にしっかり対応することが責任」として進退問題への言及は避けていたが、事態の悪化を受け、「会社としてけじめをつける」(タカタ幹部)ため、自動車各社に経営陣一新の方針を伝える。同時に事業立て直しへの支援も要請する。関係筋は、高田氏自身も「会合でメーカー側に問われれば、責任を取る意味で辞意を示さざるを得ないだろう」と話す。

再建策については、エアバッグ部品の安定供給に向けて、同業のダイセルと検討している事業協力などの計画をメーカー側に説明する。

大量リコールの費用はすでに4000億円超に達している。タカタは費用の一部を引き当て済みだが、メーカーからの支援を受けられなければ、同社は債務超過に陥る恐れがある。

タカタがドイツの研究機関に委託している原因調査の最終報告は早ければ2月上旬にもまとまる見通し。調査の最終報告をもとに責任の割合を今後協議する。タカタにも相応の額がのしかかるうえ、損害賠償請求のリスクもある。

最大取引先のホンダ<7267.T>がタカタによる検査データの不正を指摘、メーカー側には株主に「説明がつかない」として支援に難色を示す声もある。一方、タカタが行き詰ると、交換部品がさらに不足するうえ、競合他社が部品不足を逆手に取って値上げするという懸念もメーカー側にはある。

「タカタを簡単につぶすべきではない。サプライヤーあってこそ日本のものづくりだ」と某メーカー元役員は訴える。責任の所在がまだ不透明だが、金融機関も「自動車業界としてリコール費用が不足するなら当然支える」と協力姿勢だ。

米当局は現地時間22日、エアバッグの異常破裂による10人目(米国内では9人目)の死亡事故などを受け、約500万台の追加リコールを発表した。新たに発覚した問題のエアバッグ部品は14年と最近製造されたものも含まれている。

(白木真紀、田実直美、浦中大我)

トピックス

ランキング

  1. 1

    社長辞任 勝者なき大塚家具騒動

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

  2. 2

    堀江氏 餃子店1千万円支援に苦言

    女性自身

  3. 3

    橋下氏「否決なら住民投票無効」

    橋下徹

  4. 4

    年末年始「17連休案」空振りの訳

    BLOGOS しらべる部

  5. 5

    安倍待望論も? 菅首相は裏方向き

    早川忠孝

  6. 6

    誤報訂正せず 毎日新聞社に疑問

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  7. 7

    JALの旅行前検査 医師が「ムダ」

    中村ゆきつぐ

  8. 8

    毎日の誤報「公正」は口だけか

    青山まさゆき

  9. 9

    若者の提案に上司「立場を失う」

    文春オンライン

  10. 10

    ソニー好決算 PS4や「鬼滅」も

    片山 修

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。