記事

「積極的平和外交の一つの形ができつつある」

ミャンマーの現状と将来について基調講演
笹川日本財団会長 B&G全国サミットで

全国の市町村にプールや体育館など地域海洋センターを無償譲渡してきた公益財団法人B&G(ブルーシー・アンド・グリーンランド)財団の第8回全国サミットが1月26日、東京都港区で行われ、ミャンマー国民和解担当日本政府代表を務める日本財団の笹川陽平会長が「ミャンマーの現状と将来」について基調講演。「日本はミャンマーで高い存在感を勝ち得ており、積極的平和外交の一つの形ができつつある」などと語りました。

画像を見る
講演する笹川会長

講演時間は約50分。「建国の父」アウン・サン将軍と彼らを支援した旧日本軍・南機関との交流、軍事政権に対し欧米各国が経済制裁を課す中で続けられた日本の支援、さらにハンセン病制圧や370校に上る小学校建設など日本財団の取り組みから、昨年11月の総選挙での最大野党・国民民主連盟(NLD)の大勝、新政権の行方まで幅広いテーマに言及しました。

この中でNLDの顔でもあるアウン・サン・スー・チー議長について、「憲法が定める資格条項の制限で今のままでは大統領になれないが、英国籍の2人の息子をミャンマー国籍にすれば問題は解決する。しかし本人は“そうした方法はとらない”と言明し、これを頑なに守っている」とした上で、何度か会った印象も踏まえ「頑固一徹ともいえる強烈な個性を持ち主」、「素晴らしい演説をする人」などと語りました。

総選挙後、スー・チー氏が支持者に対し、敗者となった現政権関係者への心遣いを求める一方、テイン・セイン大統領やミン・アウン・フライン国軍最高司令官らと会見、政権移譲の準備を着実に進めている点を指摘。さらに自らを15年近くも自宅軟禁したタン・シュエ元国家元首に会い「過去を問わない」と伝えたとされる点について「国軍の幹部の多くはタン・シュエ氏に育てられた。この一言は“千金の重み”があると思う」と述べました。

画像を見る
講演では地図を使ってミャンマー情勢を説明した
 
その上で、今後に関しては「政権がどのような形になろうとも、スー・チー氏が先頭に立って、父アウン・サン将軍が夢見た統一されたミャンマーの実現、国民和解を目指すことになる。民政移管後、わずか5年間で世界が驚く民主化、経済発展を実現したテイン・セイン大統領の政策を大筋で引き継ぐことになるのではないか」などと語りました。

さらに日本との関係では

1. 昨年11月、15の少数民族武装組織のうち8組織が停戦に応じた調印式に中国、インド、タイの隣接3国のほか日本が唯一、調印国に選ばれた
2. 新政権発足を前にNLDの経済委員会のメンバーが最初に日本を訪れ、日本銀行や金融庁などを視察、意見交換を進めている
など一連の親日的な動きを取り上げ、「日本外交の大きな成果」とするとともに、「世界には政府、外務省だけでなく、われわれのような民間が活動する場もたくさんなる。今後もミャンマーの統一やハンセン病の制圧に汗を流したいと思います」と抱負を述べました。 

全国サミットには海洋センターのある390自治体から市、町、村長や教育長ら750人が出席。半数以上の231自治体が、一昨年、日本創生会議が発表した「消滅可能性自治体」に含まれるなど過疎や高齢化に直面する自治体が多く、今回のサミットでは、海洋センターを従来のスポーツ振興施設だけでなく、障害者やお年寄りも含め誰もが気軽に使える場所にシフトする方針などが確認されました。

会場の一角には2015年4月に2度の大地震に襲われ大きな被害が出たネパール支援のためのコーヒー販売コーナーも設けられ、笹川会長の協力呼び掛けで110袋(11万円)を参加者が購入、売上金の3割が支援金としてネパールに届けられる予定です。

あわせて読みたい

「ミャンマー」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    韓国が対日想定した空母を建造か

    木走正水(きばしりまさみず)

  2. 2

    対韓規制で安すぎサムスンに打撃

    tenten99

  3. 3

    小川彩佳アナの竹島発言に疑問

    和田政宗

  4. 4

    テレビ見ぬ若者のN国支持は当然

    日比嘉高

  5. 5

    韓国に反日の損失知らしめるべき

    安倍宏行

  6. 6

    吉本トップ 行政責任で辞任せず?

    渡邉裕二

  7. 7

    法に背く吉本 政府は取引やめよ

    郷原信郎

  8. 8

    韓国の対日手段に米国がストップ

    高英起

  9. 9

    よしのり氏 吉本社長は人情ある

    小林よしのり

  10. 10

    参院選 共産党の変革ぶりに驚き

    早川忠孝

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。