記事

そう、水を掛けても火を消せそうにもない時は、さっさと閣僚を辞任するのが最善の対処策

甘利氏が100万円を受領しながら、その後の経理処理を命じられた事務所が何もしていなかったのだったら、これはきちんとした処理をしなかった(いや、政治資金規正法上の処理はしていたのかな?事実関係は未確認につき、要注意)事務所も甘利氏も悪い。

甘い、甘い、と書いておいたが、やはりそれまで一度も怖い思いをしたことがなかったので、すべてが甘く、事務処理も事務所に近づいてくる人たちとの関わり方も大甘だったのだろう。

TPP調印ぐらいはするのではないかと思っていたが、私が想像する以上に事態は深刻だったようだ。
まさかと思うようなことだが、脇が甘い国会議員の事務所のレベルはこんなものだ。
簡単に罠に嵌る。

会談の模様をわざわざ録音して残すような人は、何度も修羅場を経験したことのあるその道のプロとか弁護士の類で、腹に一物も二物もある人だ。
弁護士ならば基本的に相手方の了解を取るだろうが、相手の了解もなく勝手に録音する人は、自分を守るためにいざという時の証拠にするか、あるいは、相手を陥れるために罠を仕掛けるためにするのだろうと思う。
(ただし、弁護士にも色々あり、すべての弁護士が相手方の了解を取ってから録音しているわけではない、ということも念のため申し上げておく。)

何だか魑魅魍魎の世界に、純真無垢な桃太郎甘利少年が、何の警戒心もなく、何のボディーガードもないまま単身で乗り込んで単純な落とし穴に嵌ってしまったような印象である。

ああ、これはさっさと閣僚の辞任を申し出て正解だったな、と思っている。

閣僚を続けていれば、あらゆる委員会に閣僚として出席を求められ、いつまでも攻め続けられ、結局委員会の審議が停滞することは必至だった。
閣僚を辞任すれば、せいぜいが政治倫理審査会での弁明が求められる程度で、後は司法当局の捜査待ち、ということになる。

小火で消し止めた、ということには決してならないが、少々の水を掛けた程度では絶対に消えそうもない火災の場合は、燃える物を根元から断つのが一番いい方法である。

如何にも辞任はないように臭わせながら、意表を突くようなタイミングで閣僚辞任に踏み切る、というのは、官邸の危機管理が如何に巧みか、という証拠でもある。

こういう時にどう対処するのがいいだろうか、ということを念頭に置いてメルマガを発行している私の目から見ても、今日の甘利氏の対応は、甘利氏が置かれている厳しい状況から見てまず最高の対処だったと思っている。

あわせて読みたい

「甘利明」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    NHK受信料「義務化」は時代錯誤

    大関暁夫

  2. 2

    伊藤容疑者 事務所破産の可能性

    SmartFLASH

  3. 3

    感染防ぐ日本人 生活習慣にカギ

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    欧州の教訓 PCR検査は対策ならず

    PRESIDENT Online

  5. 5

    大阪都構想 賛成派ほど理解不足?

    赤池 まさあき

  6. 6

    年内閉店も 飲食店の淘汰は本番

    内藤忍

  7. 7

    任命拒否めぐる菅首相の迷走ぶり

    大串博志

  8. 8

    学習指導要領を無視する朝鮮学校

    赤池 まさあき

  9. 9

    国民生活の改善でトランプ氏優勢

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  10. 10

    お金の流通量 調整誤る日本政府

    自由人

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。