記事

マスコミは権力と芸能事務所に逆らえない

朝日新聞に津田大介氏のSMAPに関する記事が載っているが、これが大変面白かった。
「世間を騒がせた」なんて意味のない謝罪をテレビでやったのは、やはり公共の電波を利用した事務所の「見せしめ」だろう。
最近ではSMAPのファンの中にも事態の真相が分かってきた人もいるようで、独立させてあげてもいいじゃないかという意見もあるという。
ファンがSMAPのメンバー個人の意思を圧し潰すというのも残酷な展開である。

この騒動で不気味だったのは、テレビの司会者やタレントやコメンテーターが、ジャニーズ事務所やメリー喜多川の批判を絶対にしないという異様さだった。

スポーツ新聞も確かにジャニーズ事務所側に立っていて、SMAP存続を強制する同調圧力を作り上げていた。
津田氏が「芸能マスコミは当初から事務所側に立った一方的な報道を繰り返した。中でもスポーツ紙は露骨だった。」と書いているが、その通りにわしも感じた。 

その理由は「事務所の機嫌を損ねれば、記事を作る上で貴重な情報源が失われ、自らの立場やビジネスが危うくなるからだ。」というのも、その通りだと思う。 

そして「芸能事務所と芸能マスコミの関係はそのまま永田町と大手新聞の関係に置き換えられる。」という意見にも、激しく同意する。
テレビや新聞も、安倍政権を厳しく批判することを避けている。
特にアベノミクスが大企業優先の政策なので、スポンサーになる大企業の機嫌を損ねないようにマスコミは配慮・自粛しなければならない。

昨日は自民議員がBS日テレの報道番組をドタキャンしたというニュースがあった。
「政治とカネ」がテーマなので、党幹部が、甘利大臣の疑惑について、自民党議員・個人の意見を封じたいという党幹部の意向らしい。

権力はマスコミを巧みに懐柔し、マスコミは「私利私欲」のために「公共性」を無視し、権力監視の使命を果たさない、そういう時代になっていく。

テレビ・新聞は、権力と、スポンサーと、芸能事務所の顔色を見て、ニセの情報を流して国民を欺く。
心ある者は、権力とも、マスコミとも、戦わなければならない。

あわせて読みたい

「マスコミ」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「自民党は嫌いでも、投票するのは自民党」立憲民主党が自民党に勝てない最大の理由

    御田寺圭

    09月23日 08:07

  2. 2

    「レジ袋の有料化」と「レジ袋の減少化」が生んだ本末転倒な事態

    自由人

    09月22日 22:07

  3. 3

    河野氏は論戦巧者 他の候補者3人がほぼ無防備な年金問題に手を付けたのは上手い

    ヒロ

    09月23日 10:39

  4. 4

    NHK党・立花孝志氏 へずまりゅう擁立も「二度と信頼しない」と支持者が続々離脱

    女性自身

    09月23日 10:32

  5. 5

    専門家の感染者数予想はなぜ実数とかけ離れてしまうのか

    中村ゆきつぐ

    09月23日 10:26

  6. 6

    45歳定年なんてホントに実現するの?と思ったときに読む話

    城繁幸

    09月23日 16:12

  7. 7

    43歳、年収600万円で「結婚できないのが辛い…」と会社を辞めた男性に励ましの声

    キャリコネニュース

    09月23日 12:17

  8. 8

    新型は納車2年待ちの「ランドクルーザー」 なぜ世界中で高い信頼を得られたのか

    NEWSポストセブン

    09月23日 13:25

  9. 9

    菅さんの水面下での仕事の成果が今になって出て来たようだ

    早川忠孝

    09月22日 15:52

  10. 10

    横浜市長就任後も疑惑について説明しない山中竹春氏 ウソと恫喝の追及は続く

    郷原信郎

    09月22日 10:56

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。