記事

マスコミは権力と芸能事務所に逆らえない

朝日新聞に津田大介氏のSMAPに関する記事が載っているが、これが大変面白かった。
「世間を騒がせた」なんて意味のない謝罪をテレビでやったのは、やはり公共の電波を利用した事務所の「見せしめ」だろう。
最近ではSMAPのファンの中にも事態の真相が分かってきた人もいるようで、独立させてあげてもいいじゃないかという意見もあるという。
ファンがSMAPのメンバー個人の意思を圧し潰すというのも残酷な展開である。

この騒動で不気味だったのは、テレビの司会者やタレントやコメンテーターが、ジャニーズ事務所やメリー喜多川の批判を絶対にしないという異様さだった。

スポーツ新聞も確かにジャニーズ事務所側に立っていて、SMAP存続を強制する同調圧力を作り上げていた。
津田氏が「芸能マスコミは当初から事務所側に立った一方的な報道を繰り返した。中でもスポーツ紙は露骨だった。」と書いているが、その通りにわしも感じた。 

その理由は「事務所の機嫌を損ねれば、記事を作る上で貴重な情報源が失われ、自らの立場やビジネスが危うくなるからだ。」というのも、その通りだと思う。 

そして「芸能事務所と芸能マスコミの関係はそのまま永田町と大手新聞の関係に置き換えられる。」という意見にも、激しく同意する。
テレビや新聞も、安倍政権を厳しく批判することを避けている。
特にアベノミクスが大企業優先の政策なので、スポンサーになる大企業の機嫌を損ねないようにマスコミは配慮・自粛しなければならない。

昨日は自民議員がBS日テレの報道番組をドタキャンしたというニュースがあった。
「政治とカネ」がテーマなので、党幹部が、甘利大臣の疑惑について、自民党議員・個人の意見を封じたいという党幹部の意向らしい。

権力はマスコミを巧みに懐柔し、マスコミは「私利私欲」のために「公共性」を無視し、権力監視の使命を果たさない、そういう時代になっていく。

テレビ・新聞は、権力と、スポンサーと、芸能事務所の顔色を見て、ニセの情報を流して国民を欺く。
心ある者は、権力とも、マスコミとも、戦わなければならない。

あわせて読みたい

「マスコミ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    立民議員の官僚叩きに批判が殺到

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  2. 2

    上野千鶴子氏 任命拒否に危機感

    女性自身

  3. 3

    机叩き…橋下氏語る菅首相の会食

    ABEMA TIMES

  4. 4

    悪質な収集家に裁判官怒りの一言

    阿曽山大噴火

  5. 5

    国に従わず支援求める朝鮮学校

    赤池 まさあき

  6. 6

    ピアノめぐり上皇后様に感銘の声

    BLOGOS しらべる部

  7. 7

    日当7万円 公務員と比較したのか

    橋下徹

  8. 8

    高級車雨ざらし カーシェア破産

    SmartFLASH

  9. 9

    岸長男めぐり安倍家-岸家が火花?

    NEWSポストセブン

  10. 10

    移動しなくても良い新しい社会

    ヒロ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。