記事

米ボーイング第4四半期は減収減益、16年見通し予想下回る

[27日 ロイター] - 米航空機大手ボーイング<BA.N>が27日発表した第4・四半期決算は、純利益が10億3000万ドル(1株当たり1.51ドル)となり、前年同期の14億7000万ドル(同2.02ドル)から減少した。

1株当たりのコア利益は1.60ドル。前年同期は2.31ドルだった。

売上高は約4%減の235億7000万ドルだった。

ボーイングは、世界の経済成長の鈍化や原油価格の下落にもかかわらず、新造航空機の市場は依然として強いとの見方を示している。

旅客輸送の増加を見込んでおり、737型機を2019年に月産57機に増産することを明らかにした。単通路(シングルアイル)機としては過去最高水準となる。787、767型機も同様に増産する。

ただ、投資家は短期的な逆風に注目し、株価は8.9%安で終えた。2011年8月以来の安値で、下落率はダウ平均構成銘柄で最大だった。

ボーイングは前週、販売不振を受け大型機747─8型機の生産を半分に減らすと発表。第4・四半期に5億6900万ドルの損失を計上することを明らかにしていた。

2016年通年の業績については、1株当たりのコア利益(一部年金などの費用を除く)が8.15─8.35ドルになると予想。トムソン・ロイター・エスティメーツがまとめたアナリスト予想平均は9.43ドルとなっている。

年間の納入数は740─745機になると予想。2015年は762機を納入し、目標の755─760機を上回った。

デニス・ミューレンバーグ最高経営責任者(CEO)は電話会議で、中国の第4・四半期の旅客輸送が景気減速にもかかわらず15%増加したと指摘。単通路機の増産は正しい方向との見方を示した。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「ワクチン2回打てば安心」と思い込む高齢者が引き起こす社会の不和

    NEWSポストセブン

    09月19日 19:43

  2. 2

    目に見えないコロナとの戦いには「孫子の兵法」が有効

    自由人

    09月19日 22:49

  3. 3

    敬老の日 自民党総裁選⑺ 年金改革 河野氏提案の最低保障年金導入で消費税大増税???

    赤池 まさあき

    09月20日 08:28

  4. 4

    自民OB・舛添要一氏「岸田文雄総裁なら“疑似政権交代”のような雰囲気出せる」

    NEWSポストセブン

    09月19日 11:56

  5. 5

    <オダギリジョー脚本・演出・編集>連続ドラマ『オリバーな犬』に危惧

    メディアゴン

    09月20日 10:32

  6. 6

    笑い話では済まなかった商標の世界の仁義なき戦い。

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

    09月20日 08:37

  7. 7

    SNSで敢えて「時差投稿です」と言い訳 背景に日本社会の同調圧力の強さ

    内藤忍

    09月19日 13:00

  8. 8

    ヒートアップする総裁選 すべては菅首相と二階幹事長の決断のおかげ

    早川忠孝

    09月19日 15:35

  9. 9

    自民党総裁選の4候補者が討論会 基礎年金と原発ゼロめぐり河野氏に質問が集中

    安倍宏行

    09月19日 15:05

  10. 10

    潜水艦の契約破棄問題 米仏豪の行方を予想

    ヒロ

    09月20日 10:44

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。