記事

強欲資本とマスコミのための五輪 野宿者を強制排除へ

画像を見る

「1月27日をもって明治公園廃止。関係者以外立ち入り禁止」の貼り紙。田中はフェンスをよじ登って中に入った。=27日、明治公園出入口 撮影:筆者=

 オリンピックに付きものの弱者排除事件が起きた。それも公園からだ。

 東京都から明治公園を譲渡されたJSC(日本スポーツ振興センター)が、今日付けで「明治公園を廃止する」と宣言し、住人を力ずくで排除しようとした。

 東京都は議会にかけることもなく委員会への報告だけで都立公園の譲渡を決めた。人々の憩いの場だった明治公園がJSCに譲渡されることを知っていた都民がどれだけいるだろうか?

 公園の住人である野宿者の話を総合すると、事件はこうだ ―

 きょう午前7時、JSCの職員4人とガードマン4人が明治公園に ズカズカ とやって来て公園の出入口3ヵ所をふさいだ。

 JSCの職員が住人たちに「今日中に出て行って下さい」と告げた。もちろん住人たちは拒否した。

画像を見る

強制排除に向けて警察官、ガードマン、JSC職員が大量投入された。=27日、明治公園 撮影:筆者=

 すると1時間後に制服、私服の警察官約25人がなだれ込んできた。強制排除だ。

 住民たちと支援者約30人は力ずくの追い出しに抵抗した。

 JSCは一時トイレの電気と水道を止めた。住めなくしようという魂胆である。

 住民たちが「ライフラインを奪うのか?」と抗議したため、JSCはやむなく復旧させた。渋谷区が宮下公園の水道を止めたのと同じ やり口 だ。

 山本太郎議員は新国立競技場建設に伴う野宿者の排除を国会で質問する予定だった。

 「強制排除が始まった」。支援者が山本太郎事務所に通報し、山本事務所がスポーツ庁に問い合わせた。

画像を見る

“家財道具” を持って排除に応じる野宿者もいた。=27日、明治公園出入口 撮影:筆者=

 山本事務所とスポーツ庁政策課の電話がつながったのが午後2時8分。

 秘書が「明治公園で(野宿者の)強制排除が行われているようだが」と尋ねると、スポーツ庁は「都の施設に移って頂くよう勧告しているところです」と答えた。

 施設といってもタコ部屋だったり遠隔地だったりするため、野宿者たちからは忌み嫌われている。

 強制排除に向けて警察を入れていながら「勧告」も何もあったものではない。

 山本事務所の電話から10分後、警察とJSCとガードマンは すごすご と引き揚げて行った。

 山本事務所の対応がなかったら、住人たちは今頃強制排除され、青テントは跡形もなくなっていただろう。

 オリンピックがあると街からスラムやストリートチルドレンが消えたりする。東京でも公園もろとも弱者を消そうとしている。

 強欲資本とマスコミのためだけにあるオリンピックの姿を象徴しているようだ。

    ~終わり~

『田中龍作ジャーナル』は読者のご支援により維持されています

あわせて読みたい

「東京オリンピック・パラリンピック」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    千葉停電で数万円の発電機が活躍

    かさこ

  2. 2

    河野氏の停電対応 元医官が絶賛

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    N国立花氏 YouTubeで収入2億円?

    渡邉裕二

  4. 4

    救急医療特集 無難な結論に不満

    中村ゆきつぐ

  5. 5

    真実知らされぬ韓国国民を心配

    小林よしのり

  6. 6

    マラソン代表 大迫選出は必至か

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

  7. 7

    韓国消える 文政権高官が危機感

    文春オンライン

  8. 8

    二宮和也 3億円新居で結婚決断か

    女性自身

  9. 9

    韓国が戦略石油備蓄の放出検討へ

    ロイター

  10. 10

    デビルマンに凝縮した戦争の真実

    SmartFLASH

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。