記事

すけこましドラギ総裁にsweet nothingを囁かれたら、また懲りずに夢を見る騙されやすい投資家たち

旧聞に属することですが、先週、欧州中央銀行(ECB)の政策金利会合があり、またぞろドラギ総裁が「3月の理事会で金融政策をおそらく再検討する」、「景気のためならECBのやれることに制限は無い」と甘い言葉を囁きました。

12月のミーティングで裏切られたばかりなのに、市場参加者はそんなむかしのコトはすっかり忘れて、またまたウットリ。

その様子は、まるで幾度騙されても夢を捨てきれない「遊ばれオンナ」ですな(笑)

この調子で行くと、3月もまたフラれる可能性大でしょうね。

なぜかといえば、欧州経済はギリシャ危機以降の長くて暗いトンネルから今、ようやく抜け出そうとしているからです。もっと言えば、そもそも追加緩和は必要ないということ。

具体的にデータを見て行きましょう。

ユーロ圏の失業率は11%台に張り付いていたのですが、最近、いい感じで下がり始めています。

リンク先を見る

特に失業者が多かったスペインでも失業率が着実に下がり始めています。

リンク先を見る

リンク先を見る
MarketHack流 世界一わかりやすい米国式投資の技法 [単行本]

欧州大陸の北の方の国の中で、いちばん経済がモタモタしていた国のひとつ、フランスでも、ようやく失業率は下がり始めています。

リンク先を見る

イタリアは構造的に経済の活力に欠けている国で、ギリシャ、スペインとならんで問題国だと見做されてきましたが、こちらでも失業率は改善しはじめています。

リンク先を見る

ドイツは既に歴史的に低い失業率に達しています。

リンク先を見る

ユーロ圏の鉱工業生産高をみると低迷していた南欧諸国の改善が著しいです。

リンク先を見る

ドイツの製造業購買担当者指数は高いです。

リンク先を見る

ユーロ圏製造業購買担当者指数も高いです。

リンク先を見る

これに対して、本当に中身の悪い国のPMIは、下のようなカタチをしています。これは中国の製造業購買担当者指数です。

リンク先を見る

あわせて読みたい

「欧州経済」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    中等症めぐり政府の揚げ足を取る毎日新聞 いい加減な記事を出すのは許されるのか

    中村ゆきつぐ

    08月04日 08:26

  2. 2

    強行放送!緊急事態宣言下の24時間テレビは「ジャニーズ祭り」

    渡邉裕二

    08月04日 08:04

  3. 3

    患者対応をめぐる行政と開業医の役割分担 国会議員がルール化する必要性を橋下氏指摘

    橋下徹

    08月04日 12:14

  4. 4

    環境省がエアコンのサブスクを検討 背景に熱中症死亡者の8割超える高齢者

    BLOGOS しらべる部

    08月04日 18:05

  5. 5

    東京都心に住むコストをケチってはいけない

    内藤忍

    08月04日 11:37

  6. 6

    菅政権の自宅療養方針に与党議員が批判?? 無責任な姿勢は最低なパフォーマンス

    猪野 亨

    08月04日 14:17

  7. 7

    オリ・パラ後の新国立は誰のためのスタジアム? - 上林功 (追手門学院大学准教授)

    WEDGE Infinity

    08月04日 09:49

  8. 8

    東京都で新たに4166人の感染確認 過去最多 重症者は3人増の115人

    ABEMA TIMES

    08月04日 17:04

  9. 9

    有害な言論はどこまで警戒すべきか?

    元官庁エコノミスト

    08月04日 15:07

  10. 10

    五輪マラソンで札幌は再び医療崩壊の危機

    田中龍作

    08月04日 19:18

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。