記事

山本太郎の「超☆太郎対話」イベントに行ってみた

 昨夜は、わが家の昔から縁のある人に教えてもらった山本太郎議員のトークイベント(会場は東中野ポレポレ座)に行ってみました。「わたかつ新春企画」とのことですが、「わたかつ」とは「私たちの街頭活動チーム」のことで、ツイキャス配信のジャックさんも参加している「街角対話型」の政治意識向上をめざす活動でした。山本太郎の馬力と知名度を、市民生活と結びつける意欲的な企画です。

 主役はもちろん山本太郎氏で、国会報告とともに、次の選挙への提言もありました。中でも印象的だったのは、安保法制・護憲のテーマで戦うのは、昨年夏のような熱気の中ならよかったかもしれないが、現状では、それだけでは勝てないという判断でした。それよりも、格差は拡大の一方ではないか、消費税も保険料も上がる一方で、福祉給付は切り下げられている、安倍政治の目に見える悪政を具体的に示して、これを倒さないと国民は幸せになれないことを訴えようという意見でした。

 山本太郎氏としては市民との対話をしたいということでしたが、一つの話題から話が発展すると、その勢いで太郎氏の独演の色彩が濃くなってきます。しかし参加者は結局は山本太郎の明快な主張を聞きたくて来ているのですから、太郎氏からエネルギーをもらって、自分の活動の糧にすればよいのではないかと思いました。

 会場からの発言の最後の方で、小学4年生の女の子から「子供でも(政治をよくするために)できることは何ですか」という質問が出されたときは、会場の全体がどよめきました。太郎氏の反応は、まず「学校でそういう話をすると、変な子だと言われていじめられるかもしれないよ」という心配から始まりました。でも、「ヨーロッパへ行ったら、小学校でも中学校でも、政治の勉強をするのは当たり前のことでした。日本もそうなるといいと思うけど、まだ学校では難しいかもしれない。だったらお家でお母さんとよく話し合ってみましょう」と話をつづけました。山本太郎氏の飾らない人がらが、小学生の子供からも、手をあげる勇気を引き出したのでしょう。

 安倍政治を倒すために、すべての力を結集しようという山本太郎議員の熱意は疑いようがありません。情勢がどんなに不利であろうと、彼は一人だけでも全力を尽くして戦い続けるでしょう。「太郎さん」の戦いを、私たちは孤独なスターだけの戦いにしてはならないと思いました。散会のあとも、演壇は「太郎さんとの記念写真撮影サービス」で、長い行列ができていました。

「政治・政党」カテゴリの最新記事

山本太郎の「超☆太郎対話」イベントに行ってみた

「国民連合」対「市民連合」対「護憲新党」で勝てるのか

次の選挙は改憲阻止の3分の1確保さえ難しい厳しさ

山本太郎の北朝鮮非難決議での棄権を支持する

国会の開会式と国会散歩

あわせて読みたい

「山本太郎」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。