記事

政治未経験のトランプ氏に強力な対抗馬か? 米国

ニューヨーク市長などを務めた世界有数の資産家、マイケル・ブルームバーグ (Michael Bloomberg)氏(73)が秋の米大統領選で無所属候補として立候補を検討していると、 複数の米メディアが2016年1月23日報じた。ブルームバーグ氏は過去にも大統領選への立候補が取りざたされながらも固辞してきたが、過激な発言を繰り返す ドナルド・トランプ(Donald Trump)氏(69)が共和党の候補者争いでトップを走り、民主党のヒラリー・クリントン前国務長官(68)も伸び悩む中、考えを変えつつあるという。最初に報じたニューヨーク・タイムズによるとブルームバーグ氏は共和、民主の両党が極端な主張の候補者を選んだ場合の立候補を想定し、側近に計画の作成を指示。仮に共和党のドナルド・トランプ氏と支持率が急上昇している民主党のバーニー・サンダース(Bernie Sanders)上院議員がそれぞれの党の大統領候補に指名されれば、勝ち目があると考えているという。3月上旬までに結論を出す予定という。

自らの名前を冠した通信社の創業者として個人資産が355億ドル(約4兆2千億円、 フォーブズ誌推定)に上るブルームバーグ氏は、立候補した場合、選挙に10億ドルを投じる用意があるという。ブルームバーグ氏は長年の民主 党員だったが、共和党候補として2001年にニューヨーク市長に初当選。その後無所属となり、3期12年間務めた。公園の整備や再開発の促進のほか、飲食 店内の禁煙義務づけなどの政策で注目を集めたが、「独断的」などの批判も受けた。現在も両党と距離を置きながら、銃規制などの問題に取り組んでいる。参照記事 二足のキャリアわらじをはく男 マイケル・ブルームバーグ


トランプ氏の弱みは、政治経験が無いことで、ブルームバーグ氏(Michael Bloomberg 73)が高齢とはいえ、十分対抗馬になるだろう。彼は、世界的情報通信会社ブルームバーグを創設した大富豪で、選挙活動資金として私財から10億ドル(約1190億円)を投じる用意があると伝えられている。民主党員だったが、2001年の市長選に共和党から出馬して初当選。2期目の途中に離党して無所属となったが、3期12年間ニュヨーク市長を務めて2013年に退任した。政治家として彼は、違法な銃の全滅運動や、移民改革、社会インフラなど数多くの改革を続け、多くの慈善活動への支援をしてきたとされている。日本に関しては2015年9月、安倍首相をブルームバーグ本社に招いた際、日本は、米国およびブルームバーグにとって最も重要なパートナーであり市場の一つで、安倍首相のリーダーシップと展望に期待しているとの発言をしている。参照記事 参照記事

あわせて読みたい

「アメリカ大統領選」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    アドバイザリーボード・分科会と感染研は信頼に足るのか?

    青山まさゆき

    05月18日 08:20

  2. 2

    負傷者数半減は嘘?交通事故を物損事故として扱う警察の怠慢

    紙屋高雪

    05月18日 08:42

  3. 3

    『週刊さんまとマツコ』はなぜそっちへ行った?残念な理由

    メディアゴン

    05月18日 08:21

  4. 4

    早くもウーブン・シティ開発に着手 にわかに信じがたい豊田章男氏の経営スピード

    片山 修

    05月18日 08:11

  5. 5

    「オリンピックは中止すべき」の調査結果は正しくない〜統計はウソをつく

    新井克弥

    05月17日 14:16

  6. 6

    「『AERA dot.』および毎日新聞の記者の悪質な行為」大規模接種の報道めぐり岸防衛相

    ABEMA TIMES

    05月18日 10:27

  7. 7

    「ワクチン大混乱」を招いたのは誰? 河野太郎の“突破力とスタンドプレー”に現場は困惑 - 辰濃 哲郎

    文春オンライン

    05月18日 10:23

  8. 8

    ビットコインから過去最大の資金が流出、価格頭打ちで=週間データ

    ロイター

    05月18日 08:56

  9. 9

    コロナ禍で取り残される「好きなこと」が無い人 誰かを責める前に行動せよ

    かさこ

    05月18日 09:02

  10. 10

    コロナ対策の都道府県別の評価【大阪府 最下位】

    山内康一

    05月17日 15:57

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。