記事

知財泥棒を許さない!

○世話人を務めさせていただいている自民党の「知的財産戦略調査会 知財紛争処理システム検討会」に、私は企業経営者の視点で関わらせていただいております。
会長の保岡先生、座長の三宅先生をはじめ関係者のご尽力により、このたび「提言」がまとめられましたので、そのうちのいくつかについて簡単に紹介させていただきます。

○ 特許侵害者への損害賠償額を適切なものとする
30年間、企業を経営してきて強く感じていたのは「日本はマネしたもの勝ち」ということです。マネをされた側からすれば、すべての損害を立証することはとても難しく、例え裁判で勝訴しても、権利侵害者の手元には利益が残るのが現状です。これでは不公平であり、特許侵害の予防にはなり得ません。
故意に侵害した場合には、権利侵害者の利益を不当に残さないよう、十分な侵害抑止効果が生まれるような法整備を求めます。

○ 弁護士費用を損害賠償として認める
○ 中小企業のための助成策を導入する
特に中小企業にとって、特許侵害訴訟はハードルが高いものです。社内に特許や知財に関する専門家がいることはまずありません。当然、弁護士に頼るしかありませんが、弁護士を使って例え勝訴したとしても、特許侵害訴訟において弁護士費用は損害賠償として認められません。
また、訴訟費用はとても高額です。訴訟提起のための手数料(印紙代)も、訴額によっては数百万円から一千万円を超えてしまい、これだけでも中小企業にはとても負担できません。「裁判を起こすのにこんなにも高い手数料を支払う国は日本だけだ」との指摘もあります。
 企業が例え勝訴しても、損害賠償額が訴訟費用よりも低くて大きな持ち出しとなったといった事態を少しでも防ぐために、弁護士費用を損害賠償として認めると共に、中小企業・小規模事業者に対しては訴訟提起のための手数料(印紙代)を減免するといった助成策の導入が求められます。

 私からお願いしたのは、中小企業や小規模事業者に対する知財経営や知財訴訟に関する啓発活動を、商工会や商工会議所を巻き込んで取り組んでほしい、ということです。中小企業においても、これからは知的財産を活用して企業価値を高めていく必要があります。中小企業を支援する組織も、知的財産に対する意識とスキルを高めていかなければなりません。

あわせて読みたい

「知的財産権」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    現金にこだわるサイゼ社長に呆れ

    永江一石

  2. 2

    国内に虚勢張る韓国 外交で難点

    NEWSポストセブン

  3. 3

    元セガ社長の暴露に「ムカつく」

    fujipon

  4. 4

    現金ばかり 日本と変わらぬ台湾

    川北英隆

  5. 5

    維新が森ゆうこ議員の懲罰を要求

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  6. 6

    深い憂慮 維新が香港に公式声明

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  7. 7

    駐韓米軍が一部撤退も 負担巡り

    ロイター

  8. 8

    中年男性とJK密会描く漫画が物議

    BLOGOS しらべる部

  9. 9

    安倍首相だけを批判する朝日の罪

    木走正水(きばしりまさみず)

  10. 10

    桜を見る会 首相収支報告に疑義

    畠山和也

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。