記事

IFRS 「東京合意」の達成状況を発表 「企業結合」「無形資産」は6月までに間に合わず

企業会計基準委員会(ASBJ)と国際会計基準審議会(IASB)は10日、2007年8月に両者で取り交わした会計基準のコンバージェンスの加速化に向けた取組みへの合意である「東京合意」の達成状況と、今後の計画を発表しました。

[ASBJ]企業会計基準委員会と国際会計基準審議会が、東京合意における達成状況とより緊密な協力のための計画を発表(第13回会合)

[IASB]IASB and ASBJ announce their achievements under the Tokyo Agreement and their plans for closer co-operation

「東京合意」では、IFRSと日本基準の差異について、以下のように分類していました。
(1)「短期コンバージェンス・プロジェクト」・・・EUとの同等性評価に関わる主要な差異の解消を図るもの
(2)「その他のコンバージェンス・プロジェクト」・・・残りの差異の解消を図るもの
   (2a)「短期コンバージェンス・プロジェクト」に含まれていない差異
   (2b)IASBが開発する新基準から生じる差異

これらの達成状況は、以下のとおりとなっており、「企業結合(ステップ2)」及び「無形資産」が2011年6月までに間に合いませんでした。
(1)「短期コンバージェンス・プロジェクト」・・・2008年12月までに解消した
(2)「その他のコンバージェンス・プロジェクト」
   (2a)・・・2011年6月までに解消させることとされていた。
        しかし、「企業結合(ステップ2)」及び「無形資産」が遅延 
        (いずれも本年7-9月に公開草案公表予定)
   (2b)・・・末尾の表を参照。

(2010年12月時点のコンバージェンス計画表はこちらから無料ダウンロードできます)

今後については、現状の日本基準のIFRSとのコンバージェンス作業を継続させる一方で、ASBJが引き続きIASBの基準開発に参画するなど両者の緊密な協力を図ることに合意しています。

西川郁生ASBJ委員長は「11年6月までに期限を設定した基準は9割以上を共通化した」というようなことを言ったそうですが(日経より)、末尾の表のとおり、今後もまだまだ改訂は続きます。しかも、結構ヘビーなものが残っています。これからはコンバージェンスとアドプションの両方の準備が必要となるため、「9割以上達成」といえども実務負担は全然軽くならないと思います。

なお、IASBのSir David Tweedie議長と山田辰己理事は今月末をもってIASBを退任します。

▼IASBとASBJによる基準開発の状況(ASBJのHPより抜粋)
リンク先を見る

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    立憲民主党は代表が交代しても共産党との「共闘」を検討すべきだ

    田原総一朗

    12月03日 09:02

  2. 2

    渡航の自由を「要請」で制限する憲法違反(未遂)。日本政府の「要請グセ」は大問題だ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    12月03日 09:30

  3. 3

    オミクロン株出現で米中対立の最前線となったアフリカに眠る「血のダイヤモンド」とは

    木村正人

    12月02日 11:56

  4. 4

    思い通りにならなければ批判?企業の「毅然とした対応」を求める人々

    赤木智弘

    12月03日 13:15

  5. 5

    アベプラ出演で化けたテレ朝・平石直之アナ “ポスト田原総一朗”の討論番組を期待

    宇佐美典也

    12月02日 12:00

  6. 6

    新体制で雰囲気も明るくなった立民 タブーだった消費税勉強会にも参加OKに

    田中龍作

    12月03日 09:16

  7. 7

    飲食店が売っているのは「料理」ではなく「笑顔」

    内藤忍

    12月02日 14:57

  8. 8

    「ZOOM」をめぐる商標バトル 終わりが見えない戦いに

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

    12月03日 09:31

  9. 9

    見据える必要も出てきたプーチン後のロシア - 岡崎研究所

    WEDGE Infinity

    12月02日 14:37

  10. 10

    本が売れない対策、再販価格維持制度の見直しを

    ヒロ

    12月02日 11:09

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。