記事

企業の休業・廃業 2011年度は急増のおそれ

帝国データバンクは19日、2010年度の休廃業・解散動向調査結果を発表しました。

[帝国データバンク]2010年度の休廃業・解散は2万5000件、倒産の2.2倍

2010年度の休廃業・解散件数は各種政策効果で2年連続で前年度を下回ったものの、倒産件数は「約2.2倍」の発生件数だったようです。

本調査では、震災により甚大な被害を受けて事業意欲を喪失した多数の経営者が、企業活動の停止を意味する「休廃業」や「解散」を選択する可能性は高く、2011 年度はこれらの件数が急増するおそれも十分にある、と分析しています。

なお、日本経済新聞(2011/4/9朝刊)によると、阪神大震災が発生した1995年、被災地の兵庫県の倒産件数は、特別措置や政策的な支援により前年同期比31%減と大幅に減少したようです。しかしながら、震災から1年5ヶ月後、一転して倒産件数が急増し、しばらくの間全国の倒産件数増加率を上回り続けていたようです。

今回の震災のケースにおいても同様に、一定期間後に倒産、休廃業、解散が急増することは十分にあり得ることです。震災で直接的な被害を受けなかった会社も、今後間接的な打撃を受ける可能性はありますので注意が必要だと思います。

トピックス

ランキング

  1. 1

    武漢閉鎖 中国の感染対策に懸念

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    国民議員「打倒安倍に国民辟易」

    岸本周平

  3. 3

    減るべくして減った日本人の賃金

    城繁幸

  4. 4

    東大卒は経済的勝者になれない?

    内藤忍

  5. 5

    よしのり氏 ヤジ糾弾は魔女狩り

    小林よしのり

  6. 6

    e-Taxの確定申告 認証設計に不安

    tokyo editor

  7. 7

    ブレグジットで英BBCが危機状態

    小林恭子

  8. 8

    1億5000万円の衝撃 河井議員疑惑

    大串博志

  9. 9

    武漢から帰国の日本人が語る変化

    AbemaTIMES

  10. 10

    聖火に福島から「偽りの復興PR」

    鈴木博喜 (「民の声新聞」発行人)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。