記事

高校生が身近な課題をグラフにしたら、政治家に頼みたいことが見えてきた!Yahoo!みんなの選挙 アイデアソンレポート(後編) - 選挙ドットコム編集部

1月18日~19日にかけて、『Yahoo! みんなの選挙 2016年7月参院選、初の18歳選挙 データビジュアライゼーションを通じてみる世界と政治課題』が行われました。

前編(1日目)のレポートはこちら → 高校生が身近な課題をグラフにしたら、政治家に頼みたいことが見えてきた! Yahoo!みんなの選挙アイデアソンレポート(前編)

ポータルサイトYahoo! みんなの政治主催のこのイベントは、新たに選挙権を持つことになる18歳にフォーカスを当てたもの。高校生を対象とし、政治に関わるデータを収集・解析することを通して政治を身近に感じてもらおうという試みです。18歳の心に刺さる優秀作品はプロがプログラミングをして、Yahoo! みんなの政治の特設サイトにアップロードされます。

今日は集大成のプレゼンテーションを行う2日目。高島高校3年生の皆さん、頑張ってください!

プレゼンで使うグラフを完成させる!

画像を見る

1日のデータビジュアルをブラッシュアップさせます。

まずは最後のプレゼンテーションに向けて、1日目のデータの整理から。1日目にチームで決めた身近な課題について自力でインターネットからデータを探し、手書きのグラフにしていきます。グラフのテンプレートは都道府県ごとに分かれた日本地図と、散布図の2種類。

自分たちのテーマに沿ったテンプレートを使ってデータをプロットし、そこから考察を行います。そしてもちろん、発表内容も考えていただきます!2日目は最初から各チームにメンターがついて、しっかりアドバイスをしてくれました。

しかし、なかなか苦戦している様子。「定義がよく分からない……」「えー、これじゃ分かんなくない?」とところどころ悲鳴が聞こえてきます(笑)。皆さんが一生懸命なので、先生も時間をプラス5分してくれました!

画像を見る

メンターががっつり指導してくれます!でも大事なところは自分たちで。

画像を見る

残り時間が迫っています。色ペンの二刀流!

そして準備時間は終了。発表順をジャンケンで決め、プレゼンテーション開始です!

「ゴミのポイ捨て」チーム

画像を見る

赤は全国平均より上。青は全国平均より下。

・「ポイ捨て」に関するデータが見つからなかったので、不法投棄について調べました。
・家電量販店販売額と店舗数が全国平均よりも多い都道府県は太平洋ベルトに集中しています。
・しかし、東京都は販売額、店舗数ともに全国平均より多いにもかかわらず、不法投棄はほとんどない。
→東京の不法投棄は近隣の県に流れているのではないか?
→3R(リデュース・リユース・リサイクル)を推奨したい!

「ブラック企業」チーム

画像を見る

震災前と震災後を比較しています。……『金国』!?(笑)

・ブラック企業の定義が曖昧だったので、離職率について調べました。
・東日本大震災前(2007年)と後(2012年)で主要都市と宮城県(被災地代表)、全国平均の離職率を比較しました。
・調べたスポットのうち、東京以外では離職率が低下していました。
→良く見れば雇用が安定してきた。視点を変えると、仕事をやめづらい日本になっている!?

「ブラックバイト」チーム

画像を見る

「あなたのバイト先は大丈夫?」タイトルが18歳の心に刺さります。

・各都道府県の平均賃金と最低賃金を調べました。
・地域別に都道府県地図を色分けしました。
→各都道府県の最低賃金と平均賃金の差が少ないことは問題だと思います。

「たばこ問題」チーム

画像を見る

先生のたばこ臭さに注目!?

・たばこの税収は変わっていない。
・たばこを吸う人は減ってきている。
→近年たばこの税率が上がったことが関与している可能性。
→もっと税率を上げれば、たばこを吸う本数が減るのではないか?
→1箱1000円にして、先生を健康にし、においに苦しむ生徒を救おう!

「医師・病院の不足」チーム

画像を見る

単位までしっかり書けています!

・高齢化率が高い都道府県は病院の数が多い傾向がある。
・その一方で、岩手県のように、高齢化が進んでいるにもかかわらず病院の数が少ない県もある。
→岩手県のような高齢化率の高い県に病院が不足しているのは問題だ。
→そういう県には病院を増やしてほしい!

18歳の心に刺さったのは、最も身近な課題でした。

全チームの発表を終えたら、ポストイットに最も自分の心に刺さったチームへの投票を行います。大人の審査は一切なし!優秀作品も自分たちで決めます。

画像を見る

自分のチーム以外のチームに一票を投じます。

そして開票です!一票開けるごとに歓声が湧きます。最も票を得たのは、25名中9名から得票した「たばこ問題」チームでした。おめでとうございます!学校の先生という身近な対象を例にあげて考察し、具体的な解決策を提案することで、説得力のあるプレゼンテーションができていました。

たばこ問題チームのデータビジュアルは実際にプロがプログラミングを行い、Yahoo! みんなの政治特設サイトに掲載される予定です。

ゴミのポイ捨てチームメンバー:たばこ問題チームのように課題や伝え方を身近なところまで落とせたら聞く側も理解が進みますし、実際にたばこ問題チームはそうしたことによって票も得られたと思います。

―参院選、行ってくれますか? 「行きます!」

たばこ問題チームメンバー:テーマ決めアイデアソンの時点から、先生のたばこの臭いに着目していました。身近な課題を政治の課題として考えたのは初めてでした。なかなか難しいことですが、今後もこういう考え方ができるようになりたいです。

―参院選、行ってくれますか? 「はい!」

社会科教諭より…自分視点で考え提案する経験が、今後の学びに結びつく

高島高校社会科・大畑教諭にコメントをいただきました。

「このイベントのねらいは、現代日本の課題を自分視点で調べて、仮設を立て、解決策まで提案すること。政治に関心を持ってもらうだけでなく、このスタイルは大学での学びにも活きてきます。なかなか高校生ではこのような実践的な授業は行われなく、座学に偏っていました。この1年間、政治・経済の授業ではアクティブラーニングに力を入れてきました。(具体的には?)政策を比較して大阪W選の模擬投票をしたり、選管の方にお話を聞いたり、Youth Createの原田さんに講演をしてもらったりしました。とは言えこれまではこちらが渡した資料をもとに授業をしてきました。今回生徒が自分でPCを使って調べて、データ収集・解析を行えたことはメリットのひとつであると思います。」

高島高校3年生の皆様、先生方、運営スタッフの皆様、ありがとうございました!

■開催概要
『Yahoo! みんなの選挙 2016年7月参院選、初の18歳選挙
データビジュアライゼーションを通じてみる世界と政治課題』
主催: Yahoo!みんなの政治(ヤフー株式会社)
運営: 株式会社ギブリー
協力: 早稲田大マニフェスト研究所 、E2D3.org(Excel to D3.js)
会場: 東京都立高島高校

■今後のイベントスケジュール(予定):千葉県立高校(1月25日、1月27日 )、東京都内私立高校(2月3日、2月10日)、大阪府立高校(2月9日)、千葉県立高校(2月13日)、千葉県立高等学校(2月21日)、東京都内学習塾(2月19日、2月26日)

選挙ドットコム編集部

あわせて読みたい

「18歳選挙権」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    北海道の医療崩壊を見た医師「来週から東京で多くの重症者が出てくるが入院できない」

    田中龍作

    08月03日 19:41

  2. 2

    「日本の携帯大手と正反対」ネトフリが幽霊会員をわざわざ退会させてしまうワケ

    PRESIDENT Online

    08月03日 16:00

  3. 3

    来るべき自動車産業戦国時代を勝ち抜ける日本がなぜEVなのか?

    ヒロ

    08月03日 11:52

  4. 4

    森林大国ニッポンが木材不足のナゾ ウッドショックは林業に変革をもたらすか

    中川寛子

    08月03日 08:07

  5. 5

    人権尊重、企業は本気か-DHCの不適切文書に批判

    山口利昭

    08月03日 08:42

  6. 6

    医療崩壊目前で気が動転?コロナ入院は重症者ら重点との政府方針は菅首相の白旗か

    早川忠孝

    08月03日 15:39

  7. 7

    河野大臣「ワクチンは十分に足りている」接種状況について説明

    河野太郎

    08月03日 09:13

  8. 8

    原則自宅療養の方針に橋下徹氏が懸念「国と地方で責任の押し付け合いがはじまる」

    橋下徹

    08月03日 21:37

  9. 9

    世界初の自動運転「レベル3」登場も複雑化する使用条件

    森口将之

    08月03日 10:28

  10. 10

    一部の声を最大公約数のように扱うメディアに「報道の自由」をいう資格はない

    鈴木宗男

    08月03日 20:08

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。