記事

自民党防衛施設問題に関する議員連盟、開催: 再編交付金の維持・拡充を

1月22日(金)、「自由民主党防衛施設問題に関する議員連盟」の総会が開催されました。

会長は今津寛衆議院議員、幹事長は武田良太衆議院議員が務め、佐藤は「事務局長」を務めています。

本日の議題は、地方自治体からの在日米軍再編の訓練移転に関する要望聴取、そして、平成28年度防衛施設関係予算についてです。

まず、地方自治体からの要望聴取です。

本日は、在日米軍再編の訓練移転先となる6基地を抱える21市町村を代表し、山口・千歳市長、宮西・小松市議会議長などが参加されました。

在日米軍の再編に伴う訓練移転によって、米軍機が飛来するようになる受入自治体では、騒音問題などがより一層多く生じることになります。

そうした負担に対し、騒音対策費用などを交付している枠組みが、いわゆる「再編交付金」です。

ただ、再編交付金は、平成29年3月31日までの期限がある特別措置法。

一方、訓練移転は今後も継続される見込みです。

そこで、再編交付金の継続、訓練移転の実施に係る通知の改善、住宅防音工事の助成拡充などが、受入自治体側から要望されました。

引き続いて、防衛省側から平成28年度の基地周辺対策費の概要について説明がありました。

来年度予算においては、基地を抱える地元の要望を踏まえ、基地周辺対策経費として1,192億円が計上されています。

この額は、前年度比8億円増となります。

また、自治体等から強い要望があった民生安定助成事業については、対前年度比伸率10.0%となる、254億円が計上されています。

在日米軍の再編は今後も続く事業です。

負担が増える中、再編の意義を理解し、協力して頂く自治体には、政府として誠意を尽くすのは当然です。

防衛施設問題に関する議員連盟の事務局長として、佐藤も全力を尽くしていきます。

あわせて読みたい

「防衛」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「インチキはいつか必ずバレる」熱海土石流は人災か

    毒蝮三太夫

    07月29日 08:08

  2. 2

    列車内での飲酒について、JR北海道から回答「お客様に強制することは大変難しい」

    猪野 亨

    07月29日 10:28

  3. 3

    集団免疫得られるワクチン接種率、70%程度では難しい=尾身会長

    ロイター

    07月29日 12:55

  4. 4

    小池都知事“一人暮らしは自宅を病床に”発言に「一人で死ねってこと?」と怒り爆発

    女性自身

    07月29日 11:27

  5. 5

    五輪報道に「手のひら返し」と批判も オリンピックに沸くテレビ・新聞の報道

    ABEMA TIMES

    07月29日 09:54

  6. 6

    高校に通わなかった東大名物教授の独学勉強法 本や教科書は疑って読むクセ

    宇佐美典也

    07月29日 12:00

  7. 7

    コロナ対策は菅内閣にも直結 東京の新規感染者数が5000人超えなら菅内閣はもたない

    田原総一朗

    07月28日 14:43

  8. 8

    「2021年になって未だに?」 NHKきっかけに日本のFAX文化が世界に 海外からは驚きの声

    BLOGOS しらべる部

    07月29日 17:14

  9. 9

    東京3000人は五輪強行開催によるモラル崩壊の証。もう誰も自粛しない

    かさこ

    07月28日 08:46

  10. 10

    太陽光発電を推進することは、国家安全保障上危険

    赤池 まさあき

    07月29日 10:12

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。