記事

米EV普及、2020年までは100万台達成できず=エネルギー長官

[ワシントン 21日 ロイター] - 米エネルギー省のモニツ長官は21日、国内の電気自動車(EV)販売は、2020年までは100万台を突破することはない、との見通しを示した。

バッテリー技術が今後も進化し続ければ、3─4年以内に100万台を超える可能性はあるが、このところの原油安がEVの普及に影響を与えている、との見方を示した。

オバマ大統領は大統領候補だった2008年8月に、2015年までに100万台のEVを普及させるとの目標を掲げ、2011年の一般教書演説でもこの目標を繰り返した。

2008年8月にガソリン価格は1ガロン当たり約4ドルだったが、現在は2ドルを下回っている。これまでの国内EV販売台数は40万台程度。

モニツ長官は、バッテリーコストを削減することがEV普及には欠かせない、と指摘。2022年までにEVの保有コストをガソリン車と同じ水準になることを目指すと述べた。その上で、EVの今後は「引き続き非常に明るい」との見方を示した。

トピックス

ランキング

  1. 1

    NHK受信料「義務化」は時代錯誤

    大関暁夫

  2. 2

    菅首相に見る本読まない人の特徴

    山内康一

  3. 3

    パワハラ原因?オスカー崩壊危機

    渡邉裕二

  4. 4

    伊藤容疑者 事務所破産の可能性

    SmartFLASH

  5. 5

    感染防ぐ日本人 生活習慣にカギ

    中村ゆきつぐ

  6. 6

    公選法に抵触 毎日新聞の終わり

    青山まさゆき

  7. 7

    任命拒否めぐる菅首相の迷走ぶり

    大串博志

  8. 8

    8割が遭遇する中年の危機に注意

    NEWSポストセブン

  9. 9

    誤報も主張曲げぬ毎日新聞に呆れ

    木走正水(きばしりまさみず)

  10. 10

    河野大臣 コロナ重症化率を解説

    河野太郎

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。