記事

少子化問題と地方の活性化、二兎を追いましょう!

ローマの偉大な政治家でもあるジュリアス・シーザーは、何をやるにしても、1つのことで2つ以上の効果を求めた、と伝えられています。財政逼迫の折、政策において、この一石二鳥的手法は、大事なことだと思います。

例えば、現在、少子化対策の一つとして、第二子、第三子を産みやすい環境を作る政策案が活発に議論されています。これと、地方の活性化(地方創生)を結びつけてみると、どうなるでしょうか?

地方において、二子目以降の子供を産んだ家庭に対しては、税制面での格段の配慮や様々な補助をすれば、地方の人口増をもたらし、地方活性化に効果があると思います。

もちろん、「単なる里帰り出産と区別できるのか?」といった疑問や技術的な問題が多々あることも承知です。

ただ、こうした思いつきのような発想も大事だと思います。まずは、いろいろな案・知恵を出し合うことから始まります。その中からより良きものを大きく育てていく。

政治家は、今後の社会・未来を考える仕事です。過去の出来事(事件)の真相を求める検事の仕事とは正反対です。

今、政治家になった以上、まさしく、日本の未来に向けて責任を持つ。そのために今日も豊かな発想を描き続けます。

あわせて読みたい

「少子化」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    セルフレジが「改悪」になるお店

    内藤忍

  2. 2

    PUFFY亜美を選んだTERUの離婚劇

    文春オンライン

  3. 3

    宗男氏 礼儀ない野党議員を非難

    鈴木宗男

  4. 4

    マスク勧めない国 感染増の現在

    文春オンライン

  5. 5

    竹中平蔵氏は教え子が引退勧めよ

    田中俊英

  6. 6

    「小泉さんの仕事」橋下氏が指摘

    橋下徹

  7. 7

    ナイキ多様性広告 日本で大反発

    BBCニュース

  8. 8

    防衛省の給与引き下げに「反対」

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  9. 9

    歴史に残る読売の安倍氏スクープ

    文春オンライン

  10. 10

    吉村知事の苦言に「ブーメラン」

    女性自身

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。