記事

軽井沢バス転落事故対策プロジェクトチームの設置を決定、「次の内閣」会議

 民主党は19日夕、「次の内閣」会議を国会内で開催した。

 長野県軽井沢町で起きたスキーバス転落事故を受けて細野豪志政策調査会長は、「運転手が健康診断を受診していないなど最低限のことすらしていなかった。けっして見逃せない事故だ。きちんとした対策を早急に取りまとめたい」と述べ、軽井沢バス転落事故対策プロジェクトチームの立ち上げを提案し、了承された。

 会議ではこのほか、(1)維新の党からの国家公務員総人件費2割削減などを目標とした法案提出の要請を踏まえてバージョンアップした「財政健全化推進法案」(2)15日の政治改革・国会改革推進本部総会で了承された「公職選挙法一部改正案」の与党案と民主党案(3)1月6日内示の15機関34人の国会同意人事(4)「TPP協定大筋合意に対する考え方」(中間報告)(5)LGBT差別解消法案――をそれぞれ了承した。

 「TPP大筋合意に対する考え方」は、民主・維新の経済連携調査会が国内関連産業への影響などの検証に取り組んで取りまとめたもの。その内容について古川元久党経済連携調査会長は「TPPを含む高いレベルの経済連携を推進していくとの基本的立場から、大筋合意がアジア太平洋地域の各国の参加検討を促したことなどは評価に値する」と指摘。一方、合意の過程や合意後の情報開示、国民各層との対話が不十分であり、未発効にもかかわらず対策費を補正予算に計上するなど、「政府の対応は不誠実極まりなく、現時点で国益が守られていない」と総括した。

 「LGBT差別解消法案」については、鈴木貴子ネクスト法務大臣が「雇用分野や学校現場等での性的指向や性自認を理由とする差別の解消を推進するための法律案」と説明した。立案の経緯と今後の扱いについて細野政調会長は「昨年、LGBT差別解消のために超党派議連が立ち上がったが、自民党では法制化に慎重な意見が多かったため、民主党単独で検討を重ね本日提案することとなった。民主党内で了承を得られれば、当事者の強い要望を踏まえ、今後は民主党単独でなく自民党も含めた各党での議論を経て成案を得たい」との決意を示した。

PDF「TPP協定大筋合意に対する考え方(中間報告)」TPP協定大筋合意に対する考え方(中間報告)

PDF「LGBT差別解消法骨子案たたき台」LGBT差別解消法骨子案たたき台

民主党広報委員会

あわせて読みたい

「高速バス事故」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    エロい胸元 選挙ポスターが物議

    田野幸伸

  2. 2

    浅田真央が3日連続「同伴帰宅」

    女性自身

  3. 3

    尾身氏の述べる感染対策が具体的

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    独立続出の芸能界 裏に金と圧力

    渡邉裕二

  5. 5

    また夜の街と発言 都知事に非難

    女性自身

  6. 6

    西村大臣 感染対策に努力強調

    BLOGOS しらべる部

  7. 7

    都知事選 主要候補の政策まとめ

    BLOGOS しらべる部

  8. 8

    感染増加で若者を批判する愚かさ

    文春オンライン

  9. 9

    日本は中国批判を止め自衛せよ

    日本財団

  10. 10

    天才は「How型」で物事を考える

    幻冬舎plus

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。