記事

ライターとは「書く労働者」であるということ

 煮詰まったので息抜きに。ちょっと前に、青柳美帆子女史のブログエントリーが話題になっていたことに関して、なるべく手短に。

 「ライターになる方法をおしえて」と訊くような子はなれないでしょう - アオヤギさんたら読まずに食べた

 個人的には枡野浩一氏の短歌をタイトルにするセンスが受け付けないのだけど。彼女が「今はいろんな媒体がライター募集してますから、一本2000~5000円でスタートして徐々に書く量や単価を上げていけばいいんじゃないですかね」としているところに、諸先輩方からツッコミが『Facebook』で入っていて、「上限5000円の原稿しかやっていないといつまで経っても上限5000円のまま」というのが大方の見立てだった。

 そんなことはない。私自身もそうだし、数千円の案件を愚直にこなしているうちに数万円の案件が舞い込むようになったライターを幾人も知っている。というか、最初ネットから入れば最初は単価が安いので当たり前なのだけれど。

 まず前提として。メディアあるいは物書きを仕事として志望している学生さんにアドバイスするなら、「どんな手段を使ってもどこか出版社か新聞社に入るのが最善」だと伝えるだろう。次善がポータルサイトのニュース編集職。最初に様々な媒体のライター募集から入るのは「悪手」だ。
 それでも、新聞・出版・大手ポータル運営会社に就職できるのは一握りだろう。雑誌のアルバイトに応募したり、編集プロダクションに進むといった道もあるし、PR会社でプレスリリースを書きまくって数年後に転職を狙うというキャリアプランもありだ(これは逆も同じことが言える)。
 しかし、それでもあぶれるライター志望の人は出てくる。出てくるからこそ、「一本2000~5000円でスタート」という悪路に迷い込む人が後を絶たないわけだ。

 ただ、この単価の安い案件を数多くこなすことは悪いことばかりではない。筆の早さと、情報を集める早さと、適切な表現をするための判断力が磨かれるからだ。私の場合、多い時で月70本ほど書いていた時期があったが、タイトルづけ、読者の反応がどうなるかという事前の読み、媒体に合った適切な文体に合わせる柔軟性が身についたように思う。やっぱりこなした数は裏切らない。
 それで。どうして「一本2000~5000円でスタート」でその先に行けないのか、といえば「数多くはこなせない」人が多数派だからだ。これには兼業だからということもあるだろうし、単価が低く生活が苦しくて折れてしまうことだってあるだろう。私も70本書いて月20万円ちょっとという時期は本当にしんどかった。
 そこを折れずに書けたのは「もう後がない」という状況で必死だったからで、実際折れたら路頭に迷っていた。あとはかなり運にも人にも恵まれた。必死さが伝わったのかもしれないし、気まぐれに「こいつに書かせてみよう」という感じだったのかもしれないけれど、私にとってはどちらでもよかった。

 最近のライター談義でちょっと違和感があるのは、「単価が上がれば生活できるのか」ということ。仮に3万円の案件を月3本受けたとして9万円(実際源泉が引かれるから手取りは下がるだろう)。それだけで暮らしていくのはキツイ。逆に3000円の案件を月に100本書けたとすれば30万円になる。これなら食べていけるだろう。
 あと、「時間」や「工数」といった要素も今のところあまり俎上に載せられていない。個人的には1本1万円の案件で、初稿から戻しが2回以上発生する場合は、「割に合わない」と感じる。逆に2000円でもノーチェックで掲載・支払いということならば、「2時間で5本書けたら上出来」となるだろう。
 こういった「工数」に関して、意識があまりないライターは長く続けていけないと思う。最近のネット媒体では数千円の原稿でも何度もリライトを要求してくるところはザラにあるが、それに付き合うのは本来書けたはずの原稿が書けない=発生したはずの報酬が消える、ということなので、なるべく早くにそういった媒体からは抜ける、といった判断も必要になる。

 こうして記してみると、ライターとは「書く労働者」であるということをつくづく感じる。あまり人から羨ましがられる要素はそんなにないと思うけれど、私自身はこのお仕事が基本的には楽しい。愚直にキーボードを打ちつつ、ネットを周回しつつ、時に取材に出て人に会ったりヘンな体験をしたり、それをどう言葉を選べば上手く伝えることができるのか、考えるのが楽しい。
 逆にいえば、「労働者」であることが楽しいと感じられないのであれば、このお仕事は向いてない。ワーカーホリック上等という人のみが、残っていけるという意味においては、厳しい隘路であるということも言わざるを得ないだろう。

 まだまだ言いたいことはあるけれど。明日は1日取材が重なって都内を行ったり来たりなので、この辺で。

あわせて読みたい

「キャリア」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    男性パートナーの得意な家事「皿洗い」に女性は不満?意識のギャップを防ぐカギは【9月19日は育休を考える日】

    ふかぼりメメント

    09月18日 08:50

  2. 2

    なぜ不祥事を起こした議員の「除名」に極めて慎重なのか

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月19日 08:21

  3. 3

    鈴木宗男氏が、枝野代表の総裁選への指摘に苦言「論外」

    鈴木宗男

    09月19日 10:53

  4. 4

    「FIREブーム」は昭和バブル期のフリーターブームに似ている

    内藤忍

    09月18日 14:15

  5. 5

    堀江貴文「コロナ禍に資格の勉強を始める人が見落としている根本的な間違い」

    PRESIDENT Online

    09月18日 14:24

  6. 6

    先進国唯一の異常事態 「安値思考」から抜け出せない日本 - 渡辺 努 (東京大学大学院経済学研究科教授)

    WEDGE Infinity

    09月18日 10:45

  7. 7

    東京都医師会の尾崎会長 自身の医院でなぜ陽性者を受け入れていないのか

    NEWSポストセブン

    09月18日 17:04

  8. 8

    アンタタッチャブル「共演NG説」あった松本人志との共演急増のワケ

    NEWSポストセブン

    09月19日 09:23

  9. 9

    9月にバラエティが続々終了 最終回を民放各局が注視する理由

    NEWSポストセブン

    09月18日 10:08

  10. 10

    自民OB・舛添要一氏「岸田文雄総裁なら“疑似政権交代”のような雰囲気出せる」

    NEWSポストセブン

    09月19日 11:56

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。