記事

2016年台湾総統選挙・立法委員選挙結果 - 澁谷 司

政策提言委員・拓殖大学海外事情研究所教授澁谷 司

 2016年1月16日(土)、台湾で総統(大統領)選挙と立法委員(国会議員)選挙が同時に行われた。前者に関しては、1996年の総統直接選挙導入以来、6回目の民選である。「第3次政権交代」が起こるかどうか、世界から注目を浴びた。

 既報の通り、総統選挙の結果は、野党・民進党主席の蔡英文候補(689万票余り。得票率は56.1%)が、与党・国民党主席の朱立倫候補(381万余り。同31.0%)をダブル・スコアに近い大差をつけて勝利した(他方、親民党主席の宋楚瑜候補<157万票余り。同12.8%>は善戦)。なお、事前の各種世論調査で、蔡英文の優勢が伝えられたせいか、投票率は約66.3%と過去最低を記録している。

 一方、立法委員選挙では、各党が全部で113議席(選挙区79議席、比例区34議席。過半数は57議席)を争った。ちなみに、選挙区での投票率は約66.6%である。

 今回、第1党になった民進党は、単独過半数の68議席を獲得(前回比28議席増)し、1986年の結党以来、立法院で初めての多数党となる。

 第2党は、野党に転落した国民党で、35議席しか取れなかった(前回比29議席減)。

 第3党は、民進党に近い新政党「時代力量」(ヘビーメタル・バンド「ソニック」のフレディ・リムこと林昶佐が中心)である。立法委員選挙の初陣で5議席獲得した。

 第4党は、宋楚瑜の率いる親民党で、前回と同じ3議席を確保した。その他、無党団結連盟1席(前回比2議席減)、無所属1議席という結果である。

 大雑把に言えば、前回獲得した国民党の議席が、丸ごと民進党に奪われている。なぜ、民進党が大躍進したのか。実は、馬英九総統の支持率の低迷に加え、2014年、すでにその“予兆”が現れていた。

 第1に、同年3月、与党・国民党は、前年、中台間で締結された「サービス貿易協定」の批准を急いだ。だが、一部学生がそれに反対して、立法院を突然、占拠した。「ひまわり学生運動」である。多くの台湾住民がその学生運動を支持した(翌月、王金平・立法院長が同協定の再審議と「両岸協議監督条例」を約束したので、学生らは立法院を去っている)。

 第2に、同年8月末、中国全国人民大会代表が、2017年の香港行政長官選挙(1人1票)に関して、突然、候補者を2~3人に絞るようルールを変更した。「民主派」人士が候補者とならないようにするためである。

  これに反発した学生らが、翌9月から大規模な香港「雨傘革命」を起こし、同年12月中旬まで続いた。台湾と香港の民主化運動が“連動”している点は見逃せない。

 第3に、同年11月、台湾で統一地方選挙が行われた。人口の約7割を占める6直轄市選挙では、民進党が得票率約47%で国民党(同約40%)に圧勝した。

 多くの有権者は、国民党が中国の「太子党」と結託し、台湾を中国に売ろうとしているとの疑いを抱いたのかもしれない。

 また、選挙期間中、香港の「雨傘革命」が進行中だったのも大きかった。野党・民進党は「(北京から圧力を受けている)今日の香港は、明日の台湾」というイメージ作りに成功している。

 この時点で、今回の総統選挙・立法委員選挙の帰趨(きすう)はある程度決まったと言っても過言ではない。

 第4に、(外省人中心の)国民党による本省人“洗脳工作”の効き目がほとんど失われたのである。

 最近、我が国でも旧メディア(テレビ・ラジオ・新聞等)対新メディア(フェイスブック、ツイッター、ブログ、インスタグラム等のSNS)の戦いで、新メディアが優勢になりつつある。

 台湾の20代・30代若者は、旧メディアにあまり触れることはない。そのため、国民党の“洗脳工作”を免れた。多くの若者達は自らのアイデンティティを(中国大陸ではなく)台湾島内に求めている。だから、彼らは「台湾人意識」が強い。

 けれども、元来、国民党は中国大陸から台湾へやって来た党である。そして、依然、現実にそぐわない「一つの中国」を掲げている。一方、民進党は台湾で生まれた政党であり、「台湾人意識」を全面に押し出している。若者らがどちらの党にシンパシーを覚えるのか言うまでもないだろう。

 最後に、選挙直前に起きた「周子瑜謝罪事件」を取り上げておきたい。

 韓国「TWICE」というグループで活躍する台湾出身のアイドル、周子瑜(16歳)が以前、韓国と台湾(中華民国)の国旗を一緒に振ったことがある。そのため、周は「台湾独立派」とみなされた。

 中国から圧力を受けた韓国の事務所(JYP娯楽)は、選挙直前、周子瑜を公開謝罪させている。この事件をめぐり、台湾島内は議論が沸騰した。国民党は、このために50万票から100票減らしたと推測しているが、定かではない。

澁谷 司(しぶや つかさ)
1953年、東京生れ。東京外国語大学中国語学科卒。同大学院「地域研究」研究科修了。関東学院大学、亜細亜大学、青山学院大学、東京外国語大学等で非常勤講師を歴任。2004~05年、台湾の明道管理学院(現、明道大学)で教鞭をとる。2011~2014年、拓殖大学海外事情研究所附属華僑研究センター長。現在、同大学海外事情研究所教授。 専門は、現代中国政治、中台関係論、東アジア国際関係論。主な著書に『戦略を持たない日本』『中国高官が祖国を捨てる日』『人が死滅する中国汚染大陸 超複合汚染の恐怖』(経済界)等多数。

あわせて読みたい

「台湾総統選」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    「Mr.慶應」性犯罪で6度目の逮捕

    渡邉裕二

  2. 2

    テレビ劣化させる正義クレーマー

    放送作家の徹夜は2日まで

  3. 3

    立民党はなぜ全く期待できないか

    宇佐美典也

  4. 4

    4連敗の巨人 原監督に欠けた潔さ

    NEWSポストセブン

  5. 5

    相次ぐ遅刻 憲法を軽んじる自民

    大串博志

  6. 6

    医師「感染対策は経験を生かせ」

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    社民党を食いつぶした福島瑞穂氏

    文春オンライン

  8. 8

    投資家がマイホームのリスク指摘

    内藤忍

  9. 9

    昭恵氏 学園理事と親密ショット

    NEWSポストセブン

  10. 10

    トヨタが学校推薦を廃止した衝撃

    城繁幸

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。