記事

「国民連合」対「市民連合」対「護憲新党」で勝てるのか

共産党が提唱した「反安倍の国民連合政府構想」は、暗礁に乗り上げたようだ。民主党の共産党に対する警戒感は、簡単には解けないらしい。「世界観が違う」というのだが、世界観が同じなら、そもそも別の政党になっていたわけがない。選挙協力もできないのなら、政権復帰は夢のまた夢だろう。

 一時は期待された市民連合が主役になり、政党は背景に回るという構図も考えられたのだが、こちらも一時ほどの勢いがない。どうしたものかと思っていたら、護憲学者を中心に据えた新党に期待する声が上がってきた。清新なイメージで、かつての「日本新党」のようなブームを起こせるのではないかという期待がある。

 しかし次の選挙は参議院選で、要は一人区で自民・公明の政権与党に勝たなければならない。反安倍の候補者が3人も出てきたら、勝てる選挙区は限りなく少なくなるだろう。あまり時間もないのに、どうするつもりかと心配になってくる。

 政党には選挙のプロがいるはずだから、票読みはできるだろう。所属政党が障害になるのなら、無所属にしてでも支持基盤を広げないと勝負にならないのではないか。「とりあえず自公以外で」と考える人たちに、受け皿を提供できないようでは野党の意味がない。

あわせて読みたい

「参院選2016」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    党規約が緩すぎるれいわ新選組

    田中龍作

  2. 2

    れいわの非常識 路上で記者会見

    田中龍作

  3. 3

    ワクチン開発に本庶佑氏は否定的

    文春オンライン

  4. 4

    市長自殺 命落とす韓国の政治家

    舛添要一

  5. 5

    れいわ10万円配布案の効果に疑問

    猪野 亨

  6. 6

    河野大臣「朝日社説は誤解招く」

    河野太郎

  7. 7

    GoToなぜ今か 政府は説明すべき

    青山まさゆき

  8. 8

    GoTo政策前倒し 感染続く中愚挙

    木走正水(きばしりまさみず)

  9. 9

    発展に疲弊 シンガポールの若者

    後藤百合子

  10. 10

    五輪特需という支えを失った日本

    ビデオニュース・ドットコム

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。