記事

国会議員は気楽な稼業ときたもんだ

先日、タクシーに乗ったら、運転手が若くて、全然道を知らない。
多分、リストラされて、タクシードライバーに転職したばかりなのだろう。
最近はやけに道を知らない運転手が増えて、いちいち道案内しなければならないのがうざくてしょうがない。 

タクシーに乗ったら、シートベルトの着用を要求されるのもウザいが、後部座席でうたた寝することも許されないのだ。
まるで自分が運転手みたいに道案内しなければいけない。
「そこ、側道に入って」と言ったら、左折して別の道に入ろうとするし、なんと信号待ちで、必死で瞼をこすっている。
運転しながら睡魔と戦っているのだ。
危なすぎるから「次の信号で降ります」と言って、途中下車、別のタクシーに乗り換えた。

こういう調子の運転手が増えているから、スキーバス転落事件の運転手も、居眠りしてたのではないか?
睡眠不足で、暗い山中の道を走ってたら眠くて仕方がなくなるのだろう。

格安バスならば、コスト削減も厳しいから、運転手の質や資格を問わずに高齢者を採用し、健康管理もおざなりで、過酷な仕事をやらされていたのだろう。
価格競争と人手不足で、安ければ消費者が喜ぶから、コスト削減で質を劣化させているうちに、未来ある若者たちの命を犠牲にする結果となった。

富裕層優遇で中流層を崩壊させ、下流層に落ちた労働者たちには、一億総活躍とケツを叩き、自己責任で働かせながら、国会議員は「育休」を取って、夫婦で年収5000万円!
安倍首相の弁では、「夫は月収50万円、景気が良くなったから妻がパートに出て25万円」なんて平然と言っている。
それが自民党の現状認識だ。

世間知らずのゲスの極み、自民党。
植木等の「スーダラ節」の節で、「国会議員は――、気楽な稼業と、きたもんだあ――♪」と歌いたくなるね。

あわせて読みたい

「高速バス事故」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ゲーム規制に県職員が異例の反対

    岸慶太

  2. 2

    国民民主議員「もう撤退すべき」

    篠原孝

  3. 3

    杏と東出昌大おしどり夫婦が別居

    文春オンライン

  4. 4

    タモリが絶賛するオザケンの歌詞

    メディアゴン

  5. 5

    ドコモ以外も 隠語で客をカモに

    NEWSポストセブン

  6. 6

    お家芸? 品格ない野党会談に呆れ

    文春オンライン

  7. 7

    東京五輪での旭日旗使用に賛否

    AbemaTIMES

  8. 8

    木下優樹菜と疑惑 乾貴士を直撃

    NEWSポストセブン

  9. 9

    トランプ氏 新型肺炎対策を言明

    ロイター

  10. 10

    三田友梨佳アナ 一般男性と結婚

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。