記事

欧州自動車販売、2015年は9.2%増 独ブランド好調=業界団体

[ミラノ 15日 ロイター] - 欧州自動車工業会(ACEA)が15日発表した2015年の欧州連合(EU)・欧州自由貿易連合(EFTA)加盟国における自動車販売(登録台数)は前年比9.2%増の1420万台となった。ドイツブランドの需要拡大が寄与した。

ただ、販売総数は依然として危機前の水準を下回っており、回復が引き続き脆弱なことが示された。

ダイムラー<DAIGn.DE>は「スマート」ブランドの好調が寄与し、17.7%増、BMW<BMWG.DE>は「ミニ」ブランドの需要を背景に12.3%増とドイツ勢の伸びが目立った。

フィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)<FCHA.MI>も、主にジープブランドの新型コンパクトスポーツ多目的車(SUV)「レネゲート」への強い需要を背景に13.6%増加した。同モデルの昨年の欧州販売は倍以上に増加した。

仏ルノー<RENA.PA>は9.4%、PSAプジョー・シトロエン<PEUP.PA>は6%、米フォード・モーター<F.N>は8.6%、それぞれ増加した。

業界全体の欧州販売は2年連続の増加となったが、ACEAは「経済危機直後の2010年の水準を超えたにすぎない。トレンドはポジティブだが、依然として水準は低い」と指摘した。

独フォルクスワーゲン(VW)<VOWG_p.DE>も6.2%増加したが、排ガス不正問題による影響で市場シェアは25.5%から24.8%に縮小した。

12月の欧州自動車販売は全体で15.9%増の116万台で、28カ月連続のプラスとなった。ルノー(27.8%増)、プジョー(20.7%増)、フォード(23.9%増)が伸びを主導した。

BMW、FCA、ダイムラーも2桁の伸び率となったが、VWは4.4%増にとどまった。

昨年は欧州の主要市場すべてで販売が伸びた。最も高い伸びとなったのはスペインで20.9%増。2位はイタリアの15.8%増だった。

トピックス

ランキング

  1. 1

    橋下氏 任命拒否の教授らに苦言

    橋下徹

  2. 2

    田原氏 野党は安易な反対やめよ

    たかまつなな

  3. 3

    倉持由香 初の裸エプロンに感激

    倉持由香

  4. 4

    コロナ禍も国内工場は異常な強さ

    PRESIDENT Online

  5. 5

    iPhone12かProか...売り場で苦悩

    常見陽平

  6. 6

    数字を捏造 都構想反対派の欺瞞

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  7. 7

    ベテランは業界にしがみつくな

    PRESIDENT Online

  8. 8

    のん巡る判決 文春はこう考える

    文春オンライン

  9. 9

    社民党分裂 背景に立民の左傾化

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  10. 10

    世界も注目 鬼滅映画の大ヒット

    木走正水(きばしりまさみず)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。