記事

自民党拉致対策本部

先般北朝鮮が核実験を行いましたが、日本の安全に対する重大な脅威であり、断固として非難致します。

こうした中、加藤大臣出席のもと自民党拉致対策本部が開かれました。
〝拉致・核・ミサイル〟といった諸懸案の解決のため、我が国のとるべき最も有効な手段の一つに〝制裁〟があり、これらの今後の対応について闊達な議論が交わされました。

日本は安保理の非常任理事国として、米国をはじめ国際連合と連携をして参ります。
拉致問題は安倍内閣の最重要課題であり、拉致被害者の帰国を求める交渉は維持しながら、国連安保理事会で新たな制裁決議がなされても、日本独自の制裁について検討しなくてはなりません。

引き続き、日・米・韓・中・露との協力体制を強化しながら、万全を尽くして参ります。

リンク先を見る

リンク先を見る

リンク先を見る

あわせて読みたい

「核実験」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    セブンの斬新な飛沫防御策を称賛

    佐々木康彦 / ITmedia オルタナティブ・ブログ

  2. 2

    東京の緊急事態対応は「まとも」

    木曽崇

  3. 3

    緊急事態宣言を同時中継する忖度

    水島宏明

  4. 4

    よしのり氏 恐怖煽る報道に苦言

    小林よしのり

  5. 5

    二郎を残す客にALS患者が怒り

    恩田聖敬

  6. 6

    コロナで日本の通勤者 僅か9%減

    幻冬舎plus

  7. 7

    緊急事態会見はライターが上手い

    Chikirin

  8. 8

    藤浪感染で残念な私生活が露呈

    NEWSポストセブン

  9. 9

    「韓国に学べ」となぜ報じないか

    水島宏明

  10. 10

    マンションの看護師差別に呆れ

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。