記事

科捜研、科警研の実態

科警研と科捜研がfirst authorの英文論文をPubMedで検索してみた。

科捜研(Prefectural Police Headquarters
またはmetropolitan police
+criminal+Japan)
の2012年から2014年までの英文論文は以下のとおり。48都道府県の科捜研つまりは全国で年間4,5編の英文論文を作成しているにすぎない。しかも多くが大学の法医学教室に依存したような研究だ。

ふつう4名が定員の大学の研究室(年間人件費3000万円、研究費1000万円程度)でも少なくとも年間5編くらいは書くと思うが、48研究所の論文数が1研究室に及ばないとはどういうことなんだろうか。とうてい研究所とは呼べない。科学を知らない上司にいいなりなだけの警察御用達のただの鑑定所というべきだろう。名前とテレビドラマにだまされて就職したものの散々な目に会っている研究員もいるかもしれない。理系としては同情する。

一方、科警研(National Research Institute of Police Science +Japan)は2012年から2014年までで51件の英文論文がヒットする。科警研の年間予算は年間20億円と聞くが20億円で年間約20の英文論文ということは1英文論文あたり1億円の予算がかかる計算になる。これはこれでどうなんだ?小保方さんの件以上の問題はないのだろうか。

いっそのこと、科警研は独立行政法人化してはどうだろうか?大学や厚生労働省と連携させて、危険ドラッグへの対応をしっかりするなどやったほうが、予算を効率的に使えることになるが・・・
>>>>>>>>
A simple identification method for vaginal secretions using relative quantification of Lactobacillus DNA. Doi M, Gamo S, Okiura T, Nishimukai H, Asano M. Forensic Sci Int Genet. 2014 Sep;12:93-9.愛媛

Development of a simple one-pot extraction method for various drugs and metabolites of forensic interest in blood by modifying the QuEChERS method. Matsuta S, Nakanishi K, Miki A, Zaitsu K, Shima N, Kamata T, Nishioka H, Katagi M, Tatsuno M, Tsuboi K, Tsuchihashi H, Suzuki K. Forensic Sci Int. 2013 Oct 10;232(1-3):40-5.大阪

Genotypic polymorphisms of hepatitis B virus provide useful information for estimating geographical origin or place of long-term residence of unidentified cadavers. Inoue H, Motani-Saitoh H, Sakurada K, Ikegaya H, Yajima D, Nagasawa S, Iwase H. J Forensic Sci. 2014 Jan;59(1):236-41.千葉

Three dimensional surface analyses of pubic symphyseal faces of contemporary Japanese reconstructed with 3D digitized scanner. Biwasaka H, Sato K, Aoki Y, Kato H, Maeno Y, Tanijiri T, Fujita S, Dewa K. Leg Med (Tokyo). 2013 Sep;15(5):264-8.岩手

Laser desorption ionization mass spectrometry of bioactive substances by using 2,4,6-trihydroxyacetophenone on cation-substituted zeolite. Asano T, Suzuki J, Hashimoto K, Fujino T. Anal Sci. 2013;29(11):1035-9.東京

Alpha activity during rem sleep contributes to overnight improvement in performance on a visual discrimination task. Suzuki H, Uchiyama M, Aritake S, Kuriyama K, Kuga R, Enomoto M, Mishima K. Percept Mot Skills. 2012 Oct;115(2):337-48.東京

Simultaneous enantiomeric determination of MDMA and its phase I and phase II metabolites in urine by liquid chromatography-tandem mass spectrometry with chiral derivatization. Nakanishi K, Katagi M, Zaitsu K, Shima N, Kamata H, Miki A, Kato H, Harada K, Tsuchihashi H, Suzuki K. Anal Bioanal Chem. 2012 Nov;404(8):2427-35. 大阪

Analysis of 11-nor-Δ9 -tetrahydrocannabinol-9-carboxylic acid and its glucuronide in urine by capillary electrophoresis/mass spectrometry. Iwamuro Y, Iio-Ishimaru R, Chinaka S, Takayama N, Hayakawa K. Biomed Chromatogr. 2012 Nov;26(11):1452-6. 石川

Discrimination of paper-based kraft tapes using Fourier transform of transmitted light images. Sasaoka S, Saito K, Higashi K, Limwikrant W, Moribe K, Suzuki S, Yamamoto K. Forensic Sci Int. 2012 Jul 10;220(1-3):59-66. 宮城

Analyses of sexual dimorphism of reconstructed pelvic computed tomography images of contemporary Japanese using curvature of the greater sciatic notch, pubic arch and greater pelvis. Biwasaka H, Aoki Y, Sato K, Tanijiri T, Fujita S, Dewa K, Yoshioka K, Tomabechi M. Forensic Sci Int. 2012 Jun 10;219(1-3):288.e1-8. 岩手

Cross-reactivities of various phenethylamine-type designer drugs to immunoassays for amphetamines, with special attention to the evaluation of the one-step urine drug test Instant-View™, and the Emit® assays for use in drug enforcement. Nakanishi K, Miki A, Zaitsu K, Kamata H, Shima N, Kamata T, Katagi M, Tatsuno M, Tsuchihashi H, Suzuki K. Forensic Sci Int. 2012 Apr 10;217(1-3):174-81. 大阪

Vapor-phase staining of cyanoacrylate-fumed latent fingerprints using p-dimethylaminobenzaldehyde. Takatsu M, Shimoda O, Teranishi H. J Forensic Sci. 2012 Mar;57(2):515-20.兵庫

あわせて読みたい

「研究」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。