記事

開拓使官有物払い下げ事件の描き方に疑問

「あさが来た」は完全に明治政府・無謬史観になっているので、大久保利通も単なる立派な人として暗殺されてしまった。
なぜ暗殺されたのか、分からないままだ。 

五代友厚は大久保の盟友だが、「開拓使官有物払い下げ事件」をどう描くかは気になっていた。
どうやら新聞や世間の風評や自由民権運動の方を悪にしたいらしい。
女性視聴者に大人気の五代友厚を悪徳商人にするわけにはいかないようだ。

『大東亜論』を読んだ者なら、「官有物払い下げ」は汚職事件と知ってるはずだし、明治14年政変に繋がる自由民権運動の盛り上がりのきっかけになった事件だ。

この件、3月発売の「SAPIO」で描かねばならないな。

あわせて読みたい

「NHK」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    「首席なの」小池氏との会話回顧

    舛添要一

  2. 2

    GoTo中止 国民の声気にする政府

    早川忠孝

  3. 3

    王様状態? 麻生氏民度発言の背景

    NEWSポストセブン

  4. 4

    「国から直接給付金」望ましいか

    Chikirin

  5. 5

    小池知事 カギは卒業証書の現物

    郷原信郎

  6. 6

    拉致問題の解決逃した外交に後悔

    鈴木宗男

  7. 7

    久米宏の悪ノリ発言引き出す話芸

    常見陽平

  8. 8

    久米宏ラジオ終了 ネット注力か

    女性自身

  9. 9

    拉致被害者の救出には改憲が必要

    自由人

  10. 10

    楽天「1円スマホ」は本当に買い?

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。